RIDE THE SKY

ゆるい大学生活と熱きヘヴィ・メタル魂を綴っていくブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

HATE CREW共、参戦の用意は十分か!?

ランキング期間中ですが、予定変更。

明日は遂にChildren Of Bodomのライヴです。(ああ、今日もでしたか)

さあ、Tokyo Hate Crewの皆。明日は一緒に盛り上がりましょう。

そして、彼らのプレイに酔おうではありませんか。

簡単に俺の特徴を。

①白いスニーカー
②Duo(単語帳)装備
③顔はキモい
④背はチビ

こんなところですかね。といってもこんな人は他にもいるかもしれないですが。

久々に鬱から解放されるでしょう。今からかなり楽しみでなりません。

しかし。

だが、しかし。


ALL THAT REMAINS来日キャンセル



ふざけんな!!! FxxK!!

嘘だッ!!!!!

嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ

楽しみにしてたのに! 前座から最前陣取ろうと楽しみにしてたのに!

急病だと!? 不幸だ。不幸すぎる!!(某幻想殺し風に)

しかも代役がOUTRAGEて……

たしかに嫌いじゃないけど、別に好きでもあらへんよ。



……はぁorz




フィンランドのヘヴィ・メタル・バンド【Children Of Bodom】で【Mask Of Sanity】です。

どうやら今日の公演でもプレイしたようです。

この曲のどこが聴きどころかって?

そりゃ、イントロのキーボードに決まってますよ。

極寒のフィンランドの地を脳裏に映し出す、この冷厳なるソロ。

これだから北欧メタルは止められんのです。

歌メロは案外普通なのですが、ソロでまた爆発。

COBお得意の速弾きで魅せてくれます。

地味ですが、ソロの前のキーボードも聴きどころ。

本当にこの曲では、キーボードがギターを食ってしまっています。

そして、要所要所で疾走する鬼のツーバス連打。

『一生ツーバス踏んでろw』といいたくなるような1st、2ndより控えめですが、

むしろ彼らのサウンドにはこちらの方があっている気がしますよ。

明日もこの曲がプレイされることを願いたいです。



スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Children of Bodom | コメント:1 | トラックバック:0 |

積分って受験生イジメだろ常考

最近数学Ⅲの授業で積分をやるようになって思うこと。

この計算量は殺人だ……

それに公式もややこしいことこの上ない。

しかもこれはまだ初歩とのこと。泣けてきますorz

多分慣れるしかないんでしょうね、こういうのは。

部分積分公式とか色々ありますが、これはこれから色々複雑な積分をやっていくなかで

どうしても必要になってくる道具らしいので、今確実に慣れておかねば後が怖い。

というか、こんなモノを見つけたニュートン氏とライプニッツ氏は相当偉大だったんですね。

色々やっていくとまさに天才の考えることだなぁ、と。

同時に、これはどうやって工業に応用するのかなぁ、と思うわけです。

だって以下の三次方程式において最大値を求めよとか、これを知ってどうしろと。

でも実際にこれは現代の科学技術の基礎をなしているんですよね。

などと興味をもってみますが、その前に積分計算に慣れなあかんorz



フィンランドのヘヴィ・メタル・バンド【Children Of Bodom】で【Downfall】です。

チルボドの初期はネオクラ+デスヴォイス=メロデスといった感じですが、

この曲はまさにそういった音楽性の極みだと思います。

最初の北欧の寒さを感じさせるキーボードによるイントロでノックダウンされました。

そこから鬼疾走。ドラムの音が軽いのはアルバムの音楽性を考えれば仕方ない。

他にも随所にクサメタラーの脳天を直撃するサウンドが満載。

やっぱりチルボドといったらコレですよ。このネオクラがチルボドですよ。

まあもちろん最近の音楽性も好きですが、初期はやっぱり特別だったなぁ、なんて思います。

ちなみに、この曲はライヴにおける定番曲だそうです。

7月の新木場ライヴに参戦するので、今から楽しみでなりません。




テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Children of Bodom | コメント:2 | トラックバック:0 |

【チルボド】新学期始動【新譜発売】

新学期が始まりました。

ってなわけで毎年恒例のクラス替え。

・・・とっても微妙な、というよりカオスなクラスでした。

昨年度のクラスが良かったのもあるかもですが。

でも今年は受験勉強に専念せにゃならんからクラスなどあまり関係ないのが現実かもねw

ちなみに、昨年度のクラスから15人程引き継がれてきました。

選択科目によりクラスの振り分けが決まるとはいえ、偏りすぎじゃありませんかい?

まあ最初から親交のある生徒が多いのは良い事なのは違いないですがww



フィンランドのヘヴィ・メタル・バンド【Children Of Bodom】で【Needled 24/7】です。

チルボドの楽曲の中でもトップクラスの人気を誇る名曲です。

初期のネオクラ風なメロデスも好きだが、現在の路線もかなり好きな俺は異端かも。

で、この曲は前期と後期に分ければ後期に分類されます。

前期(1st~3rd)は前述の通り、ネオ・クラシカルなフレーズを盛り込んだスタイル。

後期(4th~)はそれらを排除し、ブルータルな色合いを強めたスタイル。

巷では『デス&ロール』なんて言われてますが、それは良く分かんねーですww

さて、この曲ですが・・・

イントロから持っていかれました。最高です。

アレキシの絶叫もたまらない。

彼はGt.がメインのVo.で、カイ・ハンセン様と同じポジションにいます。

うほっ、いい男・・・

端正なルックスからファンも非常に多いようです。

さらに、程良く使われるキーボード。

前期は過剰に使っていた感がありますが(褒め言葉。俺のツボでした)、

後期は少し抑えてバランスを重視しています。

(5thアルバムではミキシングの都合であまり聴こえてきませんが・・・)

そして・・・

祝・新譜発売!!

タイトルは『Blooddrunk』です。

俺の目の前で5枚も売れて吃驚です。

ってか洋楽コーナーでCDを買う人全てがチルボドの新譜を手にしているのは異様な光景でしたww

で、肝心の内容ですが・・・

OK牧場!!

かなりイイじゃん! と思いました。

前作がアメリカ風のサウンドだったので失望し、今回も正直あまり期待してなかったんですが、

良い意味で予想を裏切ってくれました。キーボードも結構入ってるし。

でもメタル作品としては非常に優秀でも、チルボドの作品としては凡作かも・・・

↓今までのアルバムを気に入った順に並べるとこんな感じ↓

2nd>4th>1st>3rd>6th>>>>超えられない壁>>>5th

5thは世間でも人気ないらしいです。ならば俺は異端ではないハズだ。



テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Children of Bodom | コメント:0 | トラックバック:0 |

ドリームバンドを結成してみる

俺が最も好きなミュージシャンを集めたドリームバンドを妄想してみました。


Vo.フレディ・マーキュリー(Queen)

Gt.ブライアン・メイ(Queen)

Gt.カイ・ハンセン(Gamma Ray)

Gt.クリストファー・アモット(Arch Enemy)

B.スティーヴ・ハリス(Iron Maiden)

Dr.ダニエル・アーランドソン(Arch Enemy)


うーん、カオスだwww

このメンバーでどんな音ができあがるんでしょうかw

ハードロック2人、正統派メタル1人、メロスピ1人、メロデス2人。

・・・つまりアルバムはHR:正統派:メロスピ:メロデス=2:1:1:2の割合になると?

ってかそもそもバンド名どうなるよ?

Queen Maiden's Enemy Ray(雰囲気訳:処女の女王の敵線)

・・・カオスすぎる!!


最後までグダグダなまま終わる。



フィンランドのヘヴィ・メタル・バンド【Children of Bodom】で【Red Light In My Eyes Pt.2】です。

聴いた瞬間思ったさ。

モ、モーツァルトだと!? 馬鹿な!?

出だしがアレだよ。映画【アマデウス】の最初に流れるアレだよ。

不世出の大天才であるモーツァルトの曲を拝借するなんてなんて恐れ多い!

・・・と思いつつも、あの曲が(そして映画が)大好きな俺はもう大興奮。

あのスピード感溢れるクラシックが見事に鋼鉄色に染まってます。

そのフレーズの後もモーツァルトの作品を拝借してます。

クラシック界の至宝+メロデス界の奇跡=至高の名曲

って感じの方程式が成り立つと本気で思う俺は異端かもしれないww

とりあえず、

アマデウスを見たことがある人

モーツァルトの作品が好きな人

この二つに当てはまる人は今すぐ聴きなさい。


そして、祝・来日決定!!

詳しくはココを参照してください。

チケットの発売は4/19からです。

受験勉強のいい息抜きになりそうだwktk





テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Children of Bodom | コメント:0 | トラックバック:0 |

回らぬ寿司屋は目が回る(金銭的に)

今日は回転寿司屋に行ってきましたよ。銚子丸ってとこ。

俺の好きなネタ:まぐろ(赤身)、いくら、かっぱ巻、鉄火巻、ネギトロ巻

まぐろの寿司ってうまいですよね。あの食感がたまらん。

しかも酢飯にも醤油にも合う。コレすなわち最強なり。

生もいいけど炙ったのもいい。炙ると深みのある味になってかなりGOODです。

皆さんの好きなネタは何ですか?



フィンランドのヘヴィ・メタル・バンド【Children of Bodom】で【Hatebreeder】です。

このChildren of Bodom、ジャンルとしてはメロデスに入るんですが、

演奏は八割方メロスピです。

北欧チックなバッキング+デス声=北欧メロデス

という方程式が成り立つわけです。

デスの中では特に聴きやすい方に入ると思います。

デスメタルなのに、キラキラのキーボードが入っている。

この神的な組み合わせが、個人的にかなりツボりました。

Arch Enemyもメロデスですが、こちらのバッキングは正統派メタルといった感じです。


テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Children of Bodom | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。