RIDE THE SKY

ゆるい大学生活と熱きヘヴィ・メタル魂を綴っていくブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

受験のためブログ休止宣言

前回の告知からだいぶ時間がたってしまいましたが、

ここに当ブログの休止を宣言させていただきます。

理由は、受験勉強が佳境に入り更新の時間がとれなくなったためです。


更新停止は受験期間中で、受験終了後(3月頃)に復活させます。

今まで当ブログを応援して下さった方々、ありがとうございました。

復活後もどうぞRIDE THE SKYをよろしくお願いします。


ちなみに、ページ右の【ひとこと】だけはちょこちょこ更新しますので

暇があったら少し覗いてみて下さい。



ドイツのヘヴィ・メタル・バンド【Helloween】で【Ride The Sky】です。

当ブログ開設時にこの曲を取り上げましたが、

あまりにもお粗末なものでしたので再び。

このブログの名前の由来となっている曲で、カイ様がヴォーカルをとる

初期Helloweenの伝説的超名曲です。

♪ロンドン橋落ちた、のイントロ【Walls Of Jericho】で、

まず我々はこの曲に一気に引き込まれる事になります。

そして、突如として切り込んでくるリフ。

それはあまりに重厚で、攻撃的で、印象的で、扇情的で、美しい。

Helloween中、いや全メタルの中でも屈指のリフだと思います。

おそらくこの曲のファンならば、最初の一音を聴いただけでも

このRide The Skyと認識することができるでしょう。

その印象深さでは、Deep Purple/Smoke On The Water冒頭における

あの世界最高のリフと比べても遜色ないとここに断言します。


だが、驚くのはまだ早い。この曲はまだ始まったばかりなのだから。

ギターの音の壁に突然割り込んでくる、カイ・ハンセン様の超絶シャウト。

俺含め、好き者にはたまらんでしょう。

そしてAメロに移行しますが、ここでも冒頭のリフが繰り返されます。

そんな中でカイ様のGod Voiceが叫びまくるのだからもう悶絶。

スラッシュ・メタル的荒々しさの中に、メロスピ的メロディが絡む。

これが現在のメロスピのビッグ・バンであり、メロスピに限らず

すべての『メロディック・メタル』が始まったとも言えるのです。

確かに、カイ様のヴォーカルは下手。

お世辞にも、決して上手いということはできません。

しかし、この荒々しさが、この独特の性質が、

Heavy Metalにピッタリ合っているのです。

もちろん、賛否両論があります。

現在のGamma Rayは曲は最高なのにVo.が最低だからダメだ!

という意見を今までいくつ見てきただろうか……

しかし、いくら少数派とはいえ、これだけは譲れない。

カイ様はメタル界『最強』ヴォーカルの一人だ!


この曲を聴いているときは一時も油断してはならないと常々思い知らされます。

♪It's better to live on theRuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuN!!!!!!!

とカイ様が吼えれば、我々リスナーは

Set me free!! Set me free!!

と応じる他ありません。

だが、その後もまたすぐに身構えなければならないのです。

なぜなら、究極なまでに攻撃的でありながらも叙情的に過ぎるサビが

今か今かと首をもたげて待っているからです。

♪Send me a sign,wanna leave it all behid
I'll be leaving the hands of doom
Rearrage the master plan,take the future in my hands
To be free and not trapped anymore...

この歌詞の印象的な事といったら!

ゴロがよくて、カッコよくて、覚えやすくて……

まさにサビに必要な三要素の全てを兼ね備えています。

数回聴いただけで歌詞を覚えてしまったのは俺だけではないはずです。

そして、

Ride The Sky!!!! Ride The Sky!!!!!!!

Give me Wiiiiiiiiiiiiiiiiiing to fly!!!!

RIDE THE SKY!!!!!!

ああ、そうだよ。これだよ、これを求めていたんだよ!!

まさに神がかったシャウト。

レベルが低い? 知った事か。

上手い下手は関係ないんだ。要は、どれだけ感情が篭っているかなんだ。

彼ほど心を込めて歌っている人を心に思い浮かべてみるといい。

恐らく、そう何人もいるものではないでしょう。


サビが終わると再び最初に戻ったかのように思いますが、実はそれは幻想。

Much too long...ではメロディラインをつけて歌っているのに対し、

今度はひたすらメロディ無視でスラッシュ的に突進します。

そして、それを後ろで支える、カイ&ヴァイキーの神ツイン・ギター、

マーカスの堅実なベース、今は亡きインゴの高速ドラム。

それら全てが化学反応し、かような素晴らしい曲を構成しているのです。


そして、

♪Why don't you leave me aloooooooooooooooooooooooooon!!!!!

と発狂寸前のシャウトがかかれば、当然

♪Set me free!! Set me free!!!!!

と叫ばなければならないのです。

ちなみに、ここでの歌詞にも考えさせられるものがあります。

最初は

It's better to live on the run.(逃亡生活するほうがまし)

次は

Why don't you leave me alone?(どうして放っておいてくれないんだ)

そして、それらの後に

Set me free.(俺を自由にしてくれ)

なぜこれが意味深いのかといえば、その後のカイ様の動きを見ればわかるはずです。

彼は守護神伝で【I Want Out】と言い、その言葉通りにバンドを去りました。

この言葉は、上記の歌詞に通じるところがあると思うのです。

しかし、この頃は黎明期なのでカイもヴァイキーも、みんな楽しく

仲良くやっていたはずなのです。

将来を予見していたのか、あるいはただ思いつきを書いただけなのか……


そんな風に思いをめぐらせているところで現実に引き戻されます。

そう、Helloween中最高のソロの一つとも言われる神ソロです。

ギターの順番は

ツイン→カイ→ツイン→ヴァイキー です。

特にツインギターのハモリが神がかっており、

先に述べた攻撃性、叙情性が究極的なレベルで組み合わさっています。

ベースラインも非常にカッコよく、音を支えるだけに留まりません。

ドラムにも一切の無駄がなく、ここぞというところで必要な音をくれます。

バックで響くシンフォニックなサウンドが、荘厳さを醸し出しています。

あまりに素晴らしいソロなので、俺はそれ以上語ることができません。

上手く言語化できない、とはまさしくこの事でしょう。

後はご自身の耳でお確かめください。

目を瞑り、首を振って、のた打ち回って、涙を流して……



そして、名残惜しくもソロが終わってしまいます。

♪Send me a sign...

カイ様が再び吼えます。

本当にソロからの繋ぎが上手い。

彼の曲を聴いているといつも思うことです。

そのため、ソロで頂点に達した緊張感がリミットを飛び越えてしまいます。


最後は

♪Ride The Sky!!! Ride The Sky!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

Give me Wiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiing to Fly!! AHHHH!!!

と絶叫し、ようやくこの素晴らしき神曲は終わりを告げるのです。



これまでにも何度か言っている事なのですが、

守護神伝が『最高』アルバムであるのに対し、

この曲が収録されているWalls Of Jerichoは『最強』アルバムです。


つまり、より完成されたHelloweenが聴きたければ守護神伝、

暴れまわりたいときはWalls Of Jerichoを聴く、というわけです。

どちらが上か、ではないのです。どちらも最高なのですよ。



それではひとまずここでしばしの別れを告げ、

また受験終了後にお会いしましょう。


May the Metal-Spirit be with you.


スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Helloween | コメント:1 | トラックバック:0 |

初期Helloween→Gamma Ray,初期Helloween≠現Helloween論

ドイツにおけるメタルの英雄、Helloween&Gamma Rayについて考察します。

Helloweenは1984年、ドイツのハンブルクで結成されました。

(Helloween結成にまつわる話はあまりに有名なのでここでは省きます。)

当時のメンバーは

Vo.&Gt.カイ・ハンセン
Gt.マイケル・ヴァイカート
B.マーカス・グロスコフ
Dr.インゴ・シュヴィヒテンバーグ

の四人編成。

このメンバーでミニ・アルバム『Helloween』、

および1stフルアルバム『Walls Of Jericho』が製作されました。

当時の音楽性はスラッシュ・メタルに近く、ポピュラーさなどカケラもない荒々しいメロディに

カイ様のド下手な独特なヴォーカルが重なったものとなっています。

(↑決してけなしているわけではない。俺は偏執的なカイ様信者なのですから)

荒削りなアルバムでしたが、当時は(色々な意味で)大反響を呼び、

ケラング誌などいくつもの雑誌でベタ褒めされた模様。当然だね。

で、2ndを作るにあたりマイケル・キスク氏が迎えられます。

彼はハイトーン・ヴォーカルのイデオロギーとして君臨する激ウマヴォーカルで、

彼の超絶パフォーマンスとポピュラー性が一気に増した音楽性により

2nd&3rdアルバム『守護神伝』は恐ろしいほどの反響を呼ぶことになります。

メロスピの元祖はWalls Of Jerichoとされていますが、実質的なビッグ・バンとなったのは

この守護神伝であり、今日に至るまでこれを超えるメロスピはない、とまで言われるほど。

余談ですが、俺は守護神伝をHelloweenの『最高』アルバム、

Walls Of Jerichoを『最強』アルバム、と定義しています。

そんな将来の約束されたバンドに成長したHelloweenですが、ここで事件が起こります。

もう周知の事実ですが、当時バンドの中心人物であったカイ・ハンセン様が脱退したのです。

それによって音楽性が劇的に変化。ポップ・メタルとでも呼ぶべきものになってしまいます。

その後キスクが脱退し、アンディが加入することで音楽性は再び劇的に変化。

それ以降音楽性は安定、再びバンドは大人気を博し今日に至ります。

しかし音楽性はもはや当時の面影をとどめていません。

もちろん、現路線のHelloweenが駄目ということを意味するのではありません。

むしろ最高レベルのクオリティということができるでしょう。

では、初期Helloweenの音楽性は消えてしまったのか。

いや、そんなことはない。

脱退したカイ・ハンセン様はメタルを止めるつもりなど更々なかったらしく、

新たなるバンドGamma Rayを結成します。

1stアルバム『Heading For Tomorrow』はまさに守護神伝路線そのままで、

低迷期Helloweenに愛想を尽かしていたファンから熱烈に歓迎されたそうです。

2ndアルバムは?な内容の異色作となりますが、その後は安定した守護神伝路線の

超高品質ヘヴィ・メタルを提供し続けてくれることになります。

つまり一番言いたいのはタイトルに書いたとおり

初期Helloween→Gamma Ray

初期Helloween≠現Helloween

とどのつまりは、初期Helloween路線というのはカイ・ハンセン様のものだということ。

ヴァイキーも大変優れたソングライターであり、彼の書く曲はどれも傑作です。

でも、カイ様があってこそなのかなぁ、と思ってしまいます。

現在はどちらの路線が好き? と聴かれればもちろんGamma Rayと答えます。

ただ、それは現Helloweenが嫌いだということでは決して無い。

というか、二つで一つのバンド、と捉えています。

ジャーマンメタルシーンの双璧をなす、二つの偉大なバンド。

それが結局のところ真理なのだと思います。



いつかハンブルクに聖地巡礼しに行きたいなぁ。



ドイツのヘヴィ・メタル・バンド【Helloween】で【Starlight】です。

全てはここから始まった……

記念すべきHelloweenのデビュー曲です。

約一分ものメタル史上最も奇妙なイントロから幕を開けます。


すぴー。すぴー。

ふわぁぁぁぁ。

パキッ。

ズズッ。

はぁーっぴはっぴーはろうぃーん、はろうぃーん、はろうぃーん

んん?

ズズッ。

げっぷ。

ぶわぁぁぁぁぁぁぁぁ~~~~~~~~!!!!


謎すぎるwww だが、それがいい。

そして、アッー、アッーと叫んだあと……

アーライッ!!

ああ、カイ様最高だ!!

そして、滅茶苦茶ヘタクソ過ぎるとても荒々しいカイ様のヴォーカル。

ここまで特徴的な声なのはこの曲限りなのが逆に残念だなぁ。

キスク期の超絶ヴォーカルももちろん大好きですが、

このカイ様のヴォーカルは『メタルをやってる』という感じがします。最高。

まぁ絶対に一般ウケする類の曲ではないですね。

ちなみにこれを守護神伝風にアレンジしてキスクが歌ったバージョンもありますが、

やっぱりこっちのカイ様バージョンの方が断然好きです。

キスク版は『普通にイイ曲』なのに対し、カイ様版は特別な存在だからです。

(ヴェルタース オリジナルのCMのおじいさん風に)

ちなみにカラオケにも入っています。採点してみたらかなり低い点がでました。

この音程を真似などできるはずがない……



テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Helloween | コメント:0 | トラックバック:0 |

カラオケバトン

~カラオケバトン~

【1】一番最後にカラオケに行ったのはいつですか?
3日程前に
クラスのメンバー(30人弱程度?)で

【2】初めてカラオケに行ったのは何歳の時ですか?
中3

【3】あなたの十八番は?
Helloween/Ride The Sky
Rhapsody/Emerald Sword
Iron Maiden/Aces High

【4】最高何時間歌ったことがありますか?
7時間

【5】今日はカラオケ無料開放デーです。何時間歌いますか?
開始から終了まで

【6】愛する人に捧げるとしたら、何の曲を歌いますか?
Queen/Love Of My Life

【7】よく歌うアーティストは?
メタル
Helloween
Gamma Ray
Rhapsody
Iron Maiden
X Japan

J-POP
ポルノグラフィティ
バンプ・オブ・チキン
宇多田ヒカル
day after tommorow


【8】初めて歌う曲、誰と一緒の時に入れますか?
Helloween/Ride The Sky

【9】人が歌ってる時ってどうしてる?
接待カラオケ
先日行ったときにメタル歌いまくって超ドン引きされたから、
もう二度とこういう機会にメタルは歌わないことを決意。
おとなしくJ-popでも歌います・・・
ん? 人が歌ってる時? 基本的に聴きます。

友人カラオケ
基本的に聴きます。
この前はBurrn!!読みまくってましたがw

【10】歌はどこで、どんな風に練習しますか?
別にしてねーです

【11】変装をして歌わなければいけません。
インギー(●3●←こんな奴です)の格好してみよかww

【12】アニソン祭りが始まってしまった。あなたはどうする?
よくわからんから聞きにまわって体力回復タイム

【13】あなたの歌唱力は100点満点中何点ですか?
知らんがな

【14】この人とは行きたくない!って人は?
特になし

【15】今1番のオススメ曲は?
Rhapsody/Emerald Sword

【16】今誰と行きたい?
カイ・ハンセン様

【17】回す人5人
これ見た人テキトーにコメント欄にでも書いてくださいです。


ちなみにまたsagano氏から回ってきました。



ドイツのヘヴィ・メタル・バンド【Helloween】で【March Of Time】です。

背景がNARUTOなのは勘弁してくりゃれ。

さて、守護神伝収録の、カイ様作曲の神曲の登場です。

カイ様らしい、テンポが変化していく系の曲。サビで疾走します。

メロディがこれでもかとばかりにキャッチー。

きっとサビは一度聴いたら忘れられません。

ブリッジの部分はQueenのYou and Iという曲に似てますが、

よく考えればカイ様って年齢的にQueen全盛期に育った世代なんですよね。

彼もかつてHelloweenとIron Maidenを比較された時、これを否定し、

『Queenのようなビッグなバンドになりたい』と発言してましたし。

ところでこの前Hellish Rockツアーにて、生でこの曲を聴きました。

豪華なカラオケ状態だったのを覚えてます。

だってみんな(もちろん俺も)フルで歌い続けてるんだもんよww


テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Helloween | コメント:0 | トラックバック:0 |

いよいよ明日は・・・

さあいよいよ明日です。

合唱祭? うん、もちろんそれもある。頑張ってきますw

香港に引っ越してしまった旧友も来るそうなので楽しみです。

しかし、だがしかしだ。明日の本命は別にある。

そう、Hellish Rockだ!!

伝説のジャーマンメタル2大バンドによる夢のコラボライヴ。

詳細は前回のブログ見てください。

生アーライ様が見れる!! 生カイ様!! ノノ⌒\ アーライッ!!ノノ⌒\

生イーグル!! イーーーーゴーーーーーーーフライフリーーーーーーーー!!!!

生ライザッスカイ!!  アーーーーーーーーーーーーーーーライッ!!

生アイウォンナウッ!! カイ様とヴァイキーの夢の共演。

二人が並んでるとこを見たいです。

楽しみだのう。

楽しみだのう。

楽しみだのう。

Happy Happy Helloween!! Helloween!! Helloween!!

Gamma Ray!! Gamma Ray!! アーライ! アーライ!!ノノ⌒\

テンションおかしくなってるのは許せww



ドイツのヘヴィ・メタル・バンド【Helloween】で【Future World】です。

あの永遠の神盤である守護神伝vol.1に収録の神曲です。

イントロがかなり印象的ですね。

歌メロもどこかおどけながらも恐ろしいまでのキャッチーさと完成度を誇っています。

Helloween屈指の人気を誇る名曲です。さすがは我らがカイ様。

そして何よりギターソロ。守護神伝ギター炸裂です。

このソロを聴くだけで恍惚状態に陥るのは俺だけではないに違いない。

ところでこの曲とI Want OutはHelloweenとGamma Rayの共演となります。

つまり、カイ様とヴァイキーが並んでギターを弾くということ。

ああああああああああああ興奮してきたあああああああぁぁぁぁぁぁ

ほっちゃーん! ほ、ほーっ、ホアアーッ!! ホアーッ!!

興奮しすぎてなにがなんだかわからねえええええええくぁwせdftgyふじこlp;@:

・・・・・・・・・・アドレナリン多量放出中につき、今夜眠れるか心配ですww



テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Helloween | コメント:1 | トラックバック:0 |

胃いてぇ

朝起きると、猛烈に胃が痛い。

死ぬほど痛い。

というわけで、学校休みました。

その後おとなしく寝て、起きてみれば午後4時。

すっきり回復しました。



ドイツのヘヴィ・メタル・バンド【Helloween】で【Power】です。

ヴォーカルをアンディ・デリス氏にチェンジしたHelloweenの渾身の一曲です。

非常にキャッチーなミドルテンポの曲です。

メロディック・ヘヴィ・メタルのお手本のような曲。さすがはヴァイキー氏。いい仕事してます。

高い人気を得ており、デリス期のHelloweenといえばこの曲、という声も多いです。

デリスのヴォーカルは賛否両論ありますが(カイ様ほどではないが)、

個人的には結構好きです。とはいっても、やはりキスクやカイ様の方が好きですが・・・



テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Helloween | コメント:3 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。