RIDE THE SKY

ゆるい大学生活と熱きヘヴィ・メタル魂を綴っていくブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

また合唱かよorz

先日合唱祭が行われましたが、そこに至るまでは実に長期間の練習を経てきました。

貴重な放課後の時間を犠牲にして、クラスに貢献してました。(←ツッコミは禁止)

そして、遂に合唱祭が終わり、この地獄から解放されたと思った・・・

しかし。だがしかしだ。

合唱に対して並々ならぬ(むしろ異常なほどに)熱意をかける我がクラスを侮っていたよ。

3年生の卒業式に有志で【ハレルヤ】の合唱を行うんですよ。

もちろん俺は不参加の予定でした。この試験前に放課後の貴重な時間など割けん!!

俺はソロで歌うのは大好きで、カラオケ厨でもあるんだが、合唱は本当に大嫌いなんだよ。

何故って? そりゃ協調性がない自分勝手な奴だからだよ(爆

ソロなら自分ひとりが上手くなればいいけど、合唱はそうもいかない。

他人と常に調子を合わせ、不協和が生じれば完璧になどなれない。

自分一人なら自分を律することができるが、集団だと第三者に強制されてしまう。
(↑これは合唱に限らない)

これが俺が合唱を嫌う理由です。

うーん、アウトローだな俺ってorz

まあもちろん、やるからには一切の手抜きは無しなのですが。

閑話休題。

その有志を募るための署名用紙が回ってきました。それをみて吃驚。

なんと、このクラス全ての名前が書いてあるではないか!!

(↑席順の関係で一番最後に回ってきた)

・・・ありえねーorz     ( ゚д゚) ←こんな顔になりました。

で、やる気は全くありませんが空気を読んで参加を表明することに。

同じ【気】でも大きく違いますねw

というか、空気を読むというよりこれで不参加にする人がいる訳ないじゃん・・・

加えて、合唱する人・しない人で席が違うらしいのです。

&& && && && &&      &&   
&& && && && &&      &&
&& && && && &&      &&
&& && && && &&      &&
&& && && && &&   &  &&
&& && && && &&   ↑  &&
&& && && && &&   俺  &&
&& && && && &&      &&
&& && && && &&      &&
&& && && && &&      &&
&& && && && &&      &&
1組  2組  3組  4組 5組  6組  7組

↑もし不参加を表明すればリアルでこんな感じになります。

いくらなんでもそれはイヤだからね。

こんなこと書くと、『やる気ないなら迷惑だから帰れよ』って言われそうですねww

で、空気さんのご協力により参加してみたものの、やってみると意外と難しい。

♪ハーレルヤ!! ハーレルヤ!!

なんて簡単じゃん。

と思っていたのですが、主旋律ではない俺のパートはほぼ全てが知らない音。

一からもう一度曲を仕上げるってのはなかなか大変ですねww

本番は来週の月曜日なので、それまでにはなんとか終わらせようと奮闘中です。

・・・ああ、放課後の時間がorz



ドイツのヘヴィ・メタル・バンド【Gamma Ray】で【Man on a Mission】です。

ああ、神が具現化して存在するとしたら、きっとこの曲のことをいうに違いない。

・・・などと大げさに書いてみましたが、実際神なのだからしょうがない。

カイ様率いる偉大なるGamma Rayの曲はほぼ全てが素晴らしすぎるのですが、

特にこの曲はベスト3に確実にランクインする曲です。

一口にメロスピの範疇にはくくることができません。

まず、印象的なイントロとともに、カイ様のアーライッ!!が轟く。

そこから疾走感溢れるメロディが流れ出し、歌メロの開始。

非常にキャッチーな魅力を放つ歌メロですが、リフにも注目してください。

Gamma Rayの真骨頂はカイ様のギターにあるのですから。

ん? カイは歌が下手?

だがそれがいいww

普通に上手いVo.だと『普通にいい曲』になってしまうかもしれんじゃないか。

カイ様が歌ってこそのGamma Rayなのだよ。

個人的にはラルフよりいい。(ラルフも相当いいVo.だと思うけど)

で、テンポチェンジの後にギターソロに突入。

結構長いギターソロです。(このバンドは総じてソロが長い)

しかし、長さを全く感じさせません。無駄など一切ありません。

ああ、これこそ至高のソロだ。音をほとんど暗記してしまうほど大好きなソロです。

そして最初に戻り、フェードアウトして終了。

この曲が嫌いだ、なんていう異端は名乗り出ろ。貴族にしてやるから。(←元ネタは秘密)

正直、俺ごときがレビューするのが失礼な程の超神曲です。

四の五の言わず聴けッ!!



スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Gamma Ray | コメント:0 | トラックバック:0 |

Hellish Rock レポート【Helloween編】

大興奮のGamma Rayのショーの後、いくらか休憩時間があったので

自動販売機で飲み物を買って体力を回復。

ほどなくしてHelloweenの出番となります。

会場が暗くなり、流れ出したのは【Walls Of Jericho】でした。

ロンドン橋落ちた~、の曲のアレンジで、本来はRide The Skyのイントロです。

そして会場全体で『Happy Happy Helloween,Helloween,Helloween♪』の合唱。

そこから繋げてきたのは【Halloween】。守護神伝収録の13分もの大作です。

カイ様作曲の、個人的なHelloweenベスト3に入る曲。

そんなわけで、そのときの興奮は異常でした。

歌詞もほとんど覚えていたので、ほぼ全てを合唱。

13分の曲なのに、ファンによる大合唱は鳴り止みませんでしたww

ここにカイ様がいたら・・・ と虚しい熱望。

あっという間の13分が終わり、MCの後に【Sole Survivor】が始まります。

ここは【Final Fortune】をやると聞いていたのでちょっと残念。

実はこの曲、どうも好きになれないんですよ。なんでだろう?

とはいえ、サビの合唱にはしっかり参加しましたがww

ソロではアンディの意味不明な踊り(?)が入ります。(この曲に限りませんが)

漁で使う網を引っ張って巻いてるような動作や(ソーラン節か?)、

腕を左右に伸ばしてフラフラしているような動作など・・・

本当に『お前は何をやっているんだ』とツッコミを入れたくなりますww

俺のテンションがちょっと下がったところで、またもHelloweenはそれをおかしくします。

【March of Time】のイントロが流れ、俺含め会場全体が狂喜します。

Halloween同様、守護神伝収録のカイ様の曲です。

この曲も最初から最後までコーラスしっぱなし。会場全体でも歌声は鳴り止みません。

この曲は異常にキーが高く、喉がキケンな状態に・・・

やっぱ一オクターブ下げとくべきだったかなw

次は【As Long As I Fall】。新譜収録のシングル曲。

シングル曲のくせに新譜の中では地味な部類に入ります。

そういえば前作のシングル曲(Mrs.God)も滅茶苦茶地味な曲だったな。

シングル曲がもの凄く重要な日本とは価値観が違うのでしょうか?

閑話休題。

この曲の歌詞はあまり覚えてなかったのでとりあえずサビだけ合唱。

会場の合唱も控えめでした。ってか皆疲れすぎwww (俺もだが)

次の曲は【A Tale That Wasn't Right】でした。

守護神伝収録のバラードで、アルバム中最も地味な曲。

この曲に限ってはキスクよりもアンディの方が味が出てる気がします。

会場全体で大合唱でしたが、喉が逝きそうだったのでとりあえずサビだけ参加。

喉を鍛えようと誓った瞬間でしたorz

この曲が終わると、ダニ・ルブレ氏によるドラムソロが入ります。

いやー、Helloweenもいいドラマーを手に入れたもんだね。煽り方も上手いし。

なによりツーバスをきちんと使える所は大きい。兎盤とかは可哀相な事になってましたし。

で、ドラムソロとかの後は大抵大作かキラーチューンが来るわけですが、前者でした。

守護神伝新章収録の【King For A 1000 Years 】。約14分の大作です。

Halloweenに続いての13分超えの曲に少し心配になりましたが杞憂だったようです。

やっぱり彼らは凄い。伊達にジャーマンメタル大御所の地位を築いてはいませんでした。

ただ最後のところを省略したのは残念。あそこが一番好きなのにorz

そして、この大作の後はてっきりバラードが来るもんだと思ってましたが、

その予想は裏切られることになる・・・

アンディが『Eagle!!』と叫び、観客はいきなりハイテンションの極みに陥り、

『Fly Free!!』と叫んで返します。このやりとりが何度か繰り返され、ついに始まります。

【Eagle Fly Free】。それはヴァイキーの最高傑作であり、もはや芸術。

HelloweenのNo.1チューンの一つとして数えられている神曲です。

もはや豪華なカラオケ状態。会場はサビなど関係ねぇ状態で徹頭徹尾歌い続けます。

俺も喉の痛みを無視してカラオケに参加。至福の瞬間でした。

そんな大盛り上がりの中、Helloweenが放ったのは【The Bells Of The Seven Hells】。

新譜収録の曲です。ステージ後ろの壁にかかっていたルーレットに光が当たり、

その光が回転します。その様子はあたかもルーレットが高速で回っているかのようです。

サビではアンディに続いて追っかけで皆が合唱。

そこから少し遊び(っていうかアンディによる合唱ティーチング)が入り、

再びサビが始まります。ティーチングのお陰か、大合唱がより大規模になってました。

次は【If I Could Fly】。ダークライド収録のバラードです。

この曲も実はあまり好きでない曲。会場のテンションもようやく落ち着きます。

まあこの曲は次のキラーチューンの前座扱いだったのかもしれない。

ここにきて【Dr.Stein】を放ってきました。会場は再び噴火します。

ブリッジからサビにかけて一斉に大合唱。

やっぱり守護神伝収録曲の盛り上がりは異常だなwww

お前らどこにそんな体力残ってんだよ、って感じでした。自分でも不思議で仕方ないw

で、一度彼らは退場しますが、再び戻ってきてメドレーをプレイしました。

曲順は以下の通りです。

Medley I Can-Where The Rain Grows-Perfect Gentleman
-Power-Keeper Of The Seven Keys

どの曲も凄い盛り上がりでした。Perfect Gentlemanでは遊びが入ります。

俺の拙いリスニング能力では『ベースの名前は?』と言っていたハズですが、

観客は『オーオオオーオオオオー♪』とコーラスを続け、

マーカスの名前がオーオオオーオオオオーになってしまってましたwww

アンディ苦笑い。

で、Powerの時はやばかった。盛り上がり異常でした。

もちろんフルコーラス。キーは低めなので喉は比較的安泰でした。

アンディが『You're the...』と言えば、観客は待ってましたとばかりに

『Keeper of The Seven Keys!!』とコーラス。俺は喉の状態のせいで

全部コーラスすることは無理でしたがorz

そして、この後が今回のツアーの真骨頂。

そう、Gamma RayとHelloweenの共演です。

【Future World】のイントロが流れ、カイ様集団&ヴァイキー集団が出てくると

会場は危険なほどの異常な盛り上がりに包まれます。

シケてた俺の周囲もつられてかなりの盛り上がりをみせます。

そこからはカイ様とヴァイキーが並んでプレイする様に涙ぐみながら、

豪華なカラオケ状態が続きます。

カイ様とアンディがヴォーカルを分担していたことが印象的でした。

そして、ラストを飾るのは【I Want Out】。

コラボ曲は両方カイ様作曲Helloweenの曲ということで、

あくまで2バンドによる曲、ということを強調したかったんだと思います。

(↑拙い日本語でサーセン)

この曲ももちろんカラオケ状態。

I Want Out!!のシャウトの瞬間は神でした。

恐らくシャウトに参加しない人はほとんどいなかったことでしょう。


今回のライヴは本当に素晴らしいものでした。

やっぱり彼らは本物だなぁ、と思った瞬間です。

Gamma Ray最高! Helloween最高!

ジャーマンメタル最高!! アーーーーーーーーーーーライッ!! ノノ⌒\

ありがとうGamma Ray!! ありがとうHelloween!!

ありがとうカイ様!! ありがとうヴァイキー!!



テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

ライヴレポート | コメント:0 | トラックバック:0 |

Hellish Rock レポート 【Gamma Ray 後編】

前回の続きいきます。

【Heavy Metal Universe】で盛り上がりまくった会場を静めるかのように、

Gamma Rayが放ったのはあの神バラード【The Silence】

さすがに全部合唱してる人多いですねぇ・・・ 例によって俺は全部は無理でした。

カイ様が凄く丁寧に歌ってたのが印象的でした。

決して上手いとは言い難いカイ様の歌ですが、俺は大好きです。

さて、そんな感じに会場は体力を回復してきたようでした。

そして、遂に流れてきました。あの曲が・・・

それはHelloweenの1stアルバム収録【Gorger】のギターソロ。

これは次に『あの曲』をプレイすることを示唆するために彼らが毎回やっていること。

それは永遠の名曲!

それは奇跡の神曲!

それはメタルの奇跡!

それはカイ様の才能の証!

そしてそれはこのブログの名前ww


この瞬間を俺はどれだけ待ち望んだことか・・・

もうお分かりだろうか? そう、その神曲とは。

Ride The Sky!!!!!!!

あの重厚なイントロが響きわたり、そしてカイ様の『アッーーーーー!!』のシャウト。

俺ももちろん一緒に『アッーーーーー!!』

会場全体が『アッーーーーーー!!』

そして猛烈にヘドバン。ああ、至福の時だアーライッ!! ノノ⌒\

俺にとってのMetal Godであるカイ様に敬意を表し、Aメロから全てを歌いました。

ノノ⌒\ >Send me a sign, wanna leave it all behind
I'll be leaving the hands of doom
Rearrange the master plan, take the future in my hands
To be free and not trapped anymore

の部分は会場全体が大合唱。そして・・・

RIDE THE SKY!!

RIDE THE SKY!!

Give me wings to fly...

RIDE THE SKY!!


・・・会場全体が一つになったようでした。感動して泣きそうになったね。

そして2番も歌い終わり、ギターソロに入るところで演奏終了。

これにはショックでしたね。しかし過去の映像見てみるとほとんどこんな感じだったんで

まあしょうがないけど・・・ でもあの神ソロは生で聴きたかったなぁorz

しかし、がっかりしている暇などカイ様はお与えにならない。

間を空けずにあの爆走曲【Somewhere out in Space】を繰り出したからです。

さすがはGamma Ray、あんなに速い曲をいとも簡単にこなしてます。

Ride The Skyで疲れきったのか、爆走曲にもかかわらず少しおとなしめでした。

かくいう俺も終始ヘドバンってわけにはいきませんでしたがww

しかし、やっぱりSomewhere out in Space!!は大合唱になりました。

この曲でもHMUと同様遊びが入りました。

ずっとオ~オオオ~オオオオ~と同じフレーズをコラースし続ける様はシュールでしたww

そしてこの曲が終わった後、一度『バイバイ』と言って退場しますが、

すぐに戻ってきて【Send Me a Sign】をプレイし始めました。

これが最後とばかりに全力で盛り上がりましたが周囲はシケてました。

それでもあえて空気読まない。それが俺クオリティ(爆)

かくして前座扱い(?)にかかわらず異常な盛り上がりを見せた

Gamma Rayのステージが終わり、次はHelloweenの出番となります。

次回に続く



テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

ライヴレポート | コメント:0 | トラックバック:0 |

Hellish Rock レポート 【Gamma Ray 前編】

さて、いよいよGamma Rayが登場するわけですが、

まず流れてきたのが【Welcome】です。1stアルバムのイントロですね。

【Lust For Life】か!? と思いきや【Into The Storm】を繰り出してきました。

いやもう最初から豪快にいったね。周りがシケてたとかそんなの知るか!

新譜の曲は全部大好き(というか愛するGamma Rayのなかで嫌いな曲を見つける方が

難しいけど)なので、テンション上がりまくりです。

予想通り『Into The Storm!!』の大合唱が聴けました。

そんなところに次は【Heaven Can Wait】です。

もう死んでもいいや・・・ なんてことは露にも思いませんがww

しかし、それに近い気持ちを味わいました。恍惚を超えた恍惚でしたよ。

ブリッジからサビにかけて大声でコーラス。

もちろん曲が終わって、アーライッ!! と叫ぶのも忘れないww

大盛り上がりの会場に対し、カイ様は【New World Order】をチョイス。

ちょっと盛り上がりに欠けたかな。とはいえ、それは次の曲でRising Againします。

その曲は【From The Ashes】。新譜の中では個人的に最強の曲です。

もうヘドバンしっぱなし。サビはもちろん大合唱。

そしてRising Again!! のシャウトの時は会場が一体となってました。

これだからメタルは素晴らしい! そこに痺れる憧れる!!

そして次は【Fight】。三分程度の爆走曲なので文字通り爆発しました。

Carry On!! のコーラスができて幸せのキワミ、アッーーーーーーーー!!

爆走曲二曲の後はバラード来るかなと思ったら、爆走系ではないものの疾走系が来ました。

【Valley Of The King】です。この曲も4分程の少し短めな曲。

In the Valley Of The King!!の部分は大合唱でした。

それ以外合唱はなかったものの、歌詞を覚えてないだけみたいで熱気はそのまま。

次の曲【Rebellion in Dreamland】の前奏で(というよりカイ様の

「次の曲はランフリの一曲目だ(←うろ覚え)」のMCで)火山のような反応を見せます。

この曲は徐々にテンポが上がってく転調系の曲ですね。

8分近くあるのに全部歌ってる猛者があちこちにいたようで、

歌声が鳴り止まない・・・ 俺はさすがに全部はムリでしたorz

For Rebellion!!
Revolution!!
HARERUYA!!
For Rebellion!!
 は当然の如く大合唱。

そして来ました。【Heavy Metal Universe】!!

この曲はライヴVer.があるとのことでようつべで予習したのですが、そのカイがありました。

ソロに入るとメンバーによる遊びが入ります。

また、その日はディルク(B.)氏の誕生日だったので、メンバーがケーキを用意してました。

正直驚きました。なにせ演奏中にメンバー全員が手づかみでパクついてるもんだからww

ドラマーのダニ氏は食べさせてもらってましたwww

と、そんなこんなでカイ様が『アーライッ、皆行くぞ!』みたいな事を言い、

1,2,3,4! とコールを掛ければ

Heavy Metal Universe!!

のシャウトが起こります。しかし俺の周囲は予習不足だったみたいで、無反応。

シャウトしてたのが俺くらいしかいなかったのにはワロタww

二回目以降は反応できてましたが。

さて、今回はここまでにしときます。

後編に続く



テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

ライヴレポート | コメント:0 | トラックバック:0 |

Hellish Rock レポート【ライヴが始まるまで編】

2月15日。それは非常に密度の濃い一日でした。

まず合唱祭がありました。ウチのクラスは優勝!

頑張ったカイ・ハンセンが・・・ 失礼、頑張ったかいがあったというものです。

そして、待ちに待ったHellish Rock!

期待で胸をいっぱいにし、会場に到着。

開場前だというのに既に長蛇の列。驚きです。

中に入り、売店に行けばそこも既に長蛇の列。

だって階段にダーッと列が2階までできてたもんだからww

とはいえ、あと5分遅れてたら、と思うとゾッとするね。

5分後には列が4カイ・・・ いや、4階にまで達してたし。

楽しみにしてたHelloween×Gamma RayのコラボTシャツは売り切れでしたorz

代わりにGamma RayのTシャツを購入。

Gamma Ray shirt 1


Gamma Ray shirt 2


自由の女神に扮したFang Faceが持つ石版には

『METAL IS THE REAL FREEDOM』と書いてあります。

誰が考えたんでしょうか? まあ9割方カイ・ハンセン様だと思いますが・・・

滅茶苦茶いい言葉だと思います。感動した!

今日から俺の座右の銘にしようじゃないかww

そしてロビーでそのTシャツに着替え、いざ突入。

席は2階の17列目とのこと。確認しながら上がっていきます。

そしてたどり着いた先が・・・

・・・一番後ろでした

orz

嘘だッ!!(某鉈女風に)

発売日にチケット買ったのに何この悲劇。見えねぇよ!

一段一段高さがあったのでステージは余裕で見えるのですが、表情が見えない。

おかげでメンバーの判別がかなり難しかったです。

そんなこんなで、ついにGamma Rayが登場します・・・

ちなみに、周囲の盛り上がりは最低で、ノッてる人がちらほらといる程度でした。

まあ俺は空気読まずにヘドバンしてコーラスしまくりで、一人で超盛り上がってましたが・・・


テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

ライヴレポート | コメント:0 | トラックバック:0 |

いよいよ明日は・・・

さあいよいよ明日です。

合唱祭? うん、もちろんそれもある。頑張ってきますw

香港に引っ越してしまった旧友も来るそうなので楽しみです。

しかし、だがしかしだ。明日の本命は別にある。

そう、Hellish Rockだ!!

伝説のジャーマンメタル2大バンドによる夢のコラボライヴ。

詳細は前回のブログ見てください。

生アーライ様が見れる!! 生カイ様!! ノノ⌒\ アーライッ!!ノノ⌒\

生イーグル!! イーーーーゴーーーーーーーフライフリーーーーーーーー!!!!

生ライザッスカイ!!  アーーーーーーーーーーーーーーーライッ!!

生アイウォンナウッ!! カイ様とヴァイキーの夢の共演。

二人が並んでるとこを見たいです。

楽しみだのう。

楽しみだのう。

楽しみだのう。

Happy Happy Helloween!! Helloween!! Helloween!!

Gamma Ray!! Gamma Ray!! アーライ! アーライ!!ノノ⌒\

テンションおかしくなってるのは許せww



ドイツのヘヴィ・メタル・バンド【Helloween】で【Future World】です。

あの永遠の神盤である守護神伝vol.1に収録の神曲です。

イントロがかなり印象的ですね。

歌メロもどこかおどけながらも恐ろしいまでのキャッチーさと完成度を誇っています。

Helloween屈指の人気を誇る名曲です。さすがは我らがカイ様。

そして何よりギターソロ。守護神伝ギター炸裂です。

このソロを聴くだけで恍惚状態に陥るのは俺だけではないに違いない。

ところでこの曲とI Want OutはHelloweenとGamma Rayの共演となります。

つまり、カイ様とヴァイキーが並んでギターを弾くということ。

ああああああああああああ興奮してきたあああああああぁぁぁぁぁぁ

ほっちゃーん! ほ、ほーっ、ホアアーッ!! ホアーッ!!

興奮しすぎてなにがなんだかわからねえええええええくぁwせdftgyふじこlp;@:

・・・・・・・・・・アドレナリン多量放出中につき、今夜眠れるか心配ですww



テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Helloween | コメント:1 | トラックバック:0 |

Hellish Rockまであとわずか

さあいよいよ今週の金曜日に、Hellish Rockに参戦します!

かつて、あの永遠の神盤『守護神伝』を発表後、Helloweenの中心人物であった

カイ・ハンセン様がバンドと袂を分かち、Gamma Rayを結成しました。

脱退理由は健康上の問題とされていますが、メンバー間のいざこざも主要な理由の

一つとファンの間では噂されているようです。(まあ8割方事実でしょうが・・・)

いざこざ云々が事実か嘘かはともかく、HelloweenとGamma Rayは長年にわたり

同じ舞台に立つことはありませんでした。

しかし2006年、仲直りしたのかHelloweenのツアーにGamma Rayがゲスト参加し、

あの神曲【I Want Out】を共演しました。

この様子はYou Tubeにもあがっています。(ココ参照)

これを境に、両バンドのカップリングツアーが熱望されるようになったようです。

そして、去年正式にそれが発表されました。

この歴史的なツアーは『Hellish Rock』と名付けられます。

既に日本では福岡、広島で公演され、大好評を得ています。

チケットはもうほとんどの公演でSOLD OUTのようなので、入手は絶望的ですねww

俺は東京公演二日目、2月15日に参戦します。

今から楽しみで楽しみでしかたない・・・

ノノ⌒\  アーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーライッ!!! ノノ⌒\



ドイツのヘヴィ・メタル・バンド【Gamma Ray】で【Heaven Can Wait】です。

この曲はラルフ(前Vo.)バージョンとカイバージョンがあるんですが、カイ様の方です。

Gamma Rayの曲は明るくポジティヴな曲が多いんですが、この曲はかなりポジティヴです。

イントロのギターでもう悶絶でした。凄く印象的です。

一概にはいえませんが、現在のHelloweenはダーク、Gamma Rayはポジティヴ、

というのが俺の印象です。もちろん現在のHelloweenにもポジティヴな曲はありますし、

Gamma Rayにもダークな曲は結構ありますが・・・

そして、Helloweenは多様性を、Gamma Rayは一貫性を重視しているようです。

これは両バンドのリーダー格であるヴァイキー、カイ様の性格からきているようですね。

これがカイ様の脱退劇の背景となったんでしょうか・・・

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Gamma Ray | コメント:0 | トラックバック:0 |

睡魔睡魔睡魔睡魔睡魔睡魔睡魔

今週平均睡眠時間が五時間をきってます。

目の下の隈がヤヴァイ・・・ こんなになったの久しぶりです。

人のベストな睡眠時間は6時間~8時間くらいらしいですね。

8時間以上寝ると逆に脳が疲れるらしいです。

休日の俺は軽く10時間越えてるがww

ん? ダメ人間だって?

それは言わない約束だぜ。




ドイツのヘヴィ・メタル・バンド【Blind Guardian】で【Mirror Mirror】です。

Helloweenの後継者といわれるバンドです。ジャーマン・メタルの大御所ですね。

彼らは指輪物語とかが好きらしく、歌詞もそれらを題材にしたものが多いです。

Lord of the Ring(←曲名)という曲すらあるくらいだし。

メロスピではもはや常識となっているハイトーン・ヴォイスですが、

Blind GuardianのVo.であるハンズィ・キアシュ氏は少し違うかな。

若干アンディ・デリス(現在のHelloweenのVo.)寄りの、ワイルドな声の持ち主です。

にもかかわらず、ハイトーンも楽に出せる模様。凄いっすね・・・

彼らの音楽性はHelloween+Queenのような感じ(Wikipedia参照)です。

特にコーラスなどは敬愛すべきQueenそのもの。

まあ、ハイトーン・ヴォイスが必須!! という人には受け付けないかもしれませんが・・・


テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Blind Guardian | コメント:0 | トラックバック:0 |

雪やこんこ

雪が降りましたねぇ。(in千葉)

昼に起きてみればあたり一面銀世界。

去年は雪が全く降らなかったので懐かしいです。

雪ってのは、学校行く日に降るとタルいが休日に降るとテンションあがります。

見る分には最高ってわけですなww



フィンランドのヘヴィ・メタル・バンド【Sonata Arctica】で【Weballergy】です。

雪の降る日には北欧メタルを聴くに限ります。

ってなわけで、ソナタの登場です。

この曲はイントロトラックからの流れが最高なんですが、

あいにくようつべで見つからなかったので本体だけで勘弁ww

やっぱりソナタを聴くと雪降り積もる極寒の地、北欧が目に浮かびます。

夏にソナタを聴くのは『こころなし』(意味は古語辞典参照)ですが、

冬に、しかも雪が降る日に聴くのは『いとをかし』(意味は古ry)です。



テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Sonata Arctica | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。