RIDE THE SKY

ゆるい大学生活と熱きヘヴィ・メタル魂を綴っていくブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ドリームバンドを結成してみる

俺が最も好きなミュージシャンを集めたドリームバンドを妄想してみました。


Vo.フレディ・マーキュリー(Queen)

Gt.ブライアン・メイ(Queen)

Gt.カイ・ハンセン(Gamma Ray)

Gt.クリストファー・アモット(Arch Enemy)

B.スティーヴ・ハリス(Iron Maiden)

Dr.ダニエル・アーランドソン(Arch Enemy)


うーん、カオスだwww

このメンバーでどんな音ができあがるんでしょうかw

ハードロック2人、正統派メタル1人、メロスピ1人、メロデス2人。

・・・つまりアルバムはHR:正統派:メロスピ:メロデス=2:1:1:2の割合になると?

ってかそもそもバンド名どうなるよ?

Queen Maiden's Enemy Ray(雰囲気訳:処女の女王の敵線)

・・・カオスすぎる!!


最後までグダグダなまま終わる。



フィンランドのヘヴィ・メタル・バンド【Children of Bodom】で【Red Light In My Eyes Pt.2】です。

聴いた瞬間思ったさ。

モ、モーツァルトだと!? 馬鹿な!?

出だしがアレだよ。映画【アマデウス】の最初に流れるアレだよ。

不世出の大天才であるモーツァルトの曲を拝借するなんてなんて恐れ多い!

・・・と思いつつも、あの曲が(そして映画が)大好きな俺はもう大興奮。

あのスピード感溢れるクラシックが見事に鋼鉄色に染まってます。

そのフレーズの後もモーツァルトの作品を拝借してます。

クラシック界の至宝+メロデス界の奇跡=至高の名曲

って感じの方程式が成り立つと本気で思う俺は異端かもしれないww

とりあえず、

アマデウスを見たことがある人

モーツァルトの作品が好きな人

この二つに当てはまる人は今すぐ聴きなさい。


そして、祝・来日決定!!

詳しくはココを参照してください。

チケットの発売は4/19からです。

受験勉強のいい息抜きになりそうだwktk





スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Children of Bodom | コメント:0 | トラックバック:0 |

X JAPAN 破壊の夜

X JAPANのライヴに行ってきました。

・・・まあ、感想を正直に書くとブログが炎上しかねないので今回ライヴレポートは書きません。

ってなわけで、通常のメタルのライヴとの相違点をいくつか。

①ヘッドバンギングをするか否か

メタルのライヴでは、スピードナンバーでは当然のように

(もちろん全員ではないが)ヘドバンをする光景が見られる。

しかし、Xのライヴではメタル曲でも腕振ってるだけでヘドバンはしていない。

②メロイック・サインを作るか否か

これは大きい。通常のメタルのライヴでは、ヘドバンはもちろんしていない人も多いが

メロイック・サインを作らない人はあまりいない。

ところが今回そんなことをしている人など見る限り一人もいなかった。

③ライトを振るか否か

ライトっていうのは、ライトセーバーみたいなアレです。

今回、かなり多くの人がライトセーバーを振っていました。

メタルのライヴでそんな光景を見たのは初めてでした。

なにせいつもはライトではなくメロイック・サインですからww


以上が大きな相違点となります。

俺は、Xはメタルである、と定義しているのでこの相違点には結構違和感を感じました。

でもライヴ自体は、好きな曲をやってくれたお陰で結構楽しめました。

待ち時間が相当長かったのと、曲数が少なかったのが大きなマイナス点かな。



フィンランドのヘヴィ・メタル・バンド【Arch Enemy】で【Silverwing】です。

Vo.は前任のヨハン・リーヴァ氏です。

ヨハン期の曲は、大好きな曲とあまりピンとこない曲に分かれるんですが

この曲はもちろん前者に入ります。

この曲はファンの間ではもはや神格化されており、某ランキングサイトでは

Enemy Withinに次いで二位となっていました。

つまり、ヨハン期では最も人気が高い曲。

暴虐性と哀愁が程よく混ざっています。

ヨハンの声はデス・ヴォイスというよりメタル・コア系統に近いです。

なのでアンジェラよりも聴きやすいかもしれません。

ちなみに、ヨハン期とアンジェラ期でファンが二分されてしまっているようですが

俺は両方好きな異端(?)だったりしますww



テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Arch Enemy | コメント:0 | トラックバック:0 |

【今日は】ふつうのバトン【X JAPAN】

◆回された人は三日以内に返答する事
◆嘘偽りなく答える事
◆アンカー禁止
◆回した人は回された人がルール守っているか確認に回る事
◆守っていない場合は罰ゲームをやらせる事


◆回す人5人 ・・・

茶ー味ー氏
魔悟ッ吐氏
リアルとクソヤロー氏
むささび太郎氏
あと一人は思いつかね

もしノッてくれるならコメント欄にでもお願いします。

◆貴方の名前は??
neoバルサミコ酢

◆歳はいくつ??
17歳

◆好きなものは??
ヘヴィ・メタル

◆恋人いる??
いねぇよ、そんな想像上の生き物orz

◆好きなタイプは??
某魔法先生マンガの神鳴流剣士

◆嫌いなタイプは??
DQN

◆好きな漫画は??
魔法先生ネギま
金色のガッシュ
NARUTO―ナルト―

◆好きな食べ物は??
寿司, I like 寿司.

◆好きな音楽は??
ヘヴィ・メタルに決まってんだろッ!!

具体的には正統派、メロスピ、メロデス、スラッシュ、ブラック、シンフォニック、ネオクラ

そして、メタルというよりハードロックだがQUEENも忘れてはいけない。

◆好きなブランドは??
DIO様。
ん? それはブランドーだと? 気にすんなww

◆回してくれた人の心の色は??


◆回す人のイメージカラー
しらんがな
 
◆罰ゲームは…?
非メタラー:問答無用で鋼鉄に改宗。
メタラー:十時間ぶっ続けでブラック・メタルを聴きまくる。

ちなみに今回もsagano氏から。



フィンランドのヘヴィ・メタル・バンド【Korpiklaani】で【Hunting Song】です。

森の妖精さんです。今回は旅メタルらしいです。(1stでは森メタル)

アヤーヤヤーヤ!! アヤーヤヤーヤ!!

アヤーヤヤーヤ!! アヤーヤヤーヤ!!

アヤーヤヤーヤ!! アヤーヤヤーヤ!!

アヤーヤヤーヤ!! アヤーヤヤーヤ!!

アヤーヤヤーヤ!! アヤーヤヤーヤ!!

アヤーヤヤーヤ!! アヤーヤヤーヤ!!


以上!!

ちなみにこのビデオの最後はサザエさんです。


ちなみに今日はX JAPANのライヴに行きます。楽しみだのうwktk




テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Korpiklaani | コメント:1 | トラックバック:0 |

厨二ダークネスバトン

*このバトンは、質問に対して厨っぽい答えを提示するバトンであり
 質問・解答の内容に関して弊社は一切の責任を負いません。*
*開封後はすぐにお飲み下さい。*
*厨二成分が沈殿する事がありますが、質問内容には問題ありません。*
*バトンの散乱防止・リサイクルにご協力下さい。*

Q1,あなたの名前と職業(種族)をどうぞ。
・【蒼天を駆ける祝福の風】リインフォース  魔法剣士

Q2,あなたの属性は?
・雷

Q3,あなたの必殺技は?
・バオウザケルガ

Q4,モンスターが現れた!
・「しゅぎょう の せいか を みせて やる !」

Q5,あなたの旅の目的地と、その目的は?
・氷の戦士達と共に帝王アクロンを倒し、アルガロードに平穏をもたらす。

Q6,古い城がある。城の主の名前は?
・夜天の書の守護騎士 ヴォルケンリッター

Q7,城の主の手下を倒した!手に入れたアイテムは?
・エメラルドソード

Q8,城の主にとどめを刺すときのキメ台詞は?
・少し・・・ 頭冷やそうか・・・

Q9,世界は平和になりました。あなたの台詞・その後etc...は?
・おれたちの ぼうけん は これから だ !!

Q10,あなたと一緒に旅に出てくれる仲間達にバトンをまわしてください。
・リアルとクソヤロー氏
・魔悟ッ吐氏
・茶ー味ー氏

sagano氏から回ってきたからとりあえず書いてみた。

メタル界最大の厨二バンドであるRhapsodyからもいくつか引用していますww

ちなみに中二病を知らない人はココココココを参照。



イギリスのヘヴィ・メタル・バンド【Judas Priest】で【The Hellion】および【Electric eye】です。

まさかこれを知らないメタラーなどおるまい。

メタル界の金字塔にして、PainkillerやThe Sentinelと並ぶJPの超名曲です。

なによりイントロがとても印象的で、もしかしたら非メタラーでも聴いたことがあるかもしれません。

アジャ・コングの入場曲などに使われてたらしいですのでww

本編の方は、歌メロが少し印象が薄いかもしれません。

しかし、注目すべきはホントにかっこいいギターリフです。

何度聴いてもマジでゾクゾクする。これは人間として当然の生理現象なのかもw

メタル初心者にはキツいかもしれないが、そうでなければ絶対気に入るハズ。

さあ、今すぐ聴こう。



テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Judas Priest | コメント:2 | トラックバック:0 |

駿台「ほう、貴様か? 我が新たなる僕は」

駿台に入学しました。

ホンネ言ってしまうと、実は自習室目当てだったりしますww

だって家じゃあ集中できないんだもんよ。

気づいたら漫画読んでたりメタル聴いてたりパソコンやってたり・・・

そんなわけで、本格的に受験モードに移行しつつあります。

目指せ、○○大学!!(←具体的には秘密)



ドイツのヘヴィ・メタル・バンド【Gamma Ray】で【Anywhere In The Galaxy】です。

邦題:エニイホエア・イン・ザ・ギャラクシー

・・・あまりにも無理やりすぎじゃあないかい? ビクターさんww

まあそんなことはさておいて、カイ・ハンセン様節が炸裂してる曲です。

静かなイントロからいきなり爆走。

そしてかなり印象的なサビ。一度聴いたら忘れられないかと。

もちろん歌メロも最高なのですが、この曲の、というよりカイ様の真骨頂はソロパートです。

俺は素人なのでよく分からんのですが、決して高い技術を使ってるわけではないと思います。

速弾きパートももちろんありますが、技術的にはArch Enemyのクリス等の方が高いかもしれません。

でも、カイ様の魅力はソロがあまりにもエモーショナルなところ。

言葉では説明しにくいのですが、なんというか、心の琴線に触れるものがあります。

ここまで直接心に干渉してくるソロを披露するのはカイ様以外には思いつきません。

カイ様最高! アーライッ!!



テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Gamma Ray | コメント:0 | トラックバック:0 |

カラオケに行ってきました

期末試験の打ち上げとして(?)、友人たちとカラオケに行ってきました。

フリータイムで6時間ほどいたので結構歌えましたね。

歌う曲は全てメタル(爆)

いつもはネタソングをいくつか歌うんですが、今日はその気にならなかったんですよww

俺がカラオケでよく歌うのはHelloweenとかGamma Rayです。

Sonata ArcticaやStratovariusは声高すぎて死にますw

まあHelloweenもキスク期のは声激高なんですけど、裏声混ぜれば割と歌えたり。

あとはArch Enemyも歌ってきました。喉痛めないように軽く、ですがw

Blind GuardianやRhapsodyは、ぶっちゃけムリです。ラプソのエメソは結構イケますが。

ブラガはリズムとか諸々複雑でムズいですorz ハンズィの上手さが改めて分かる・・・

もちろん、Judas PriestのPainkillerやIron MaidenのAces Highも欠かせません。

ちなみに、俺には最初に歌う曲がいくつか固定されており、

Helloween/Ride The Sky

Rhapsody/Emerald Sword

Judas Priest/Painkiller

Iron Maiden/Aces High

という流れになってます。

これからは受験で忙しくなるだろうし、召集に応じてくれる人はほとんどいなくなるだろうなぁ、

と思いつつ、ヒトカラ(一人カラオケ)にはいつ行こうか、と考える自分が悲しい。

orz



ドイツのヘヴィ・メタル・バンド【Blind Guardian】で【Lost In The Twilight Hall】です。

この曲には、なんとあのカイ・ハンセン様がVo.としてゲスト参加しています。

1:32あたりで突然、

アッーーーーーーーーーーーーー!!

と奇声(注:褒めてます)をあげて乱入してきます。たまんねぇ・・・

カイ様が参加してることでも評価UPですが、曲自体も非常に素晴らしいものとなっており

個人的にもBEST5には入る曲だと思っています。

最初は爆走し、中間で転調、再び爆走という流れですね。

こういう構成は最初聴くと地味に聴こえるんですが、何度聴いても飽きない曲というのは

大抵こういう構成になってるかと思います。(←俺の独断と偏見ですww)

注目すべきはハンズィのVo.パフォーマンス(カイ様のは評価分かれると思いますがw)。

ワイルドな吐き捨てヴォイスと美しいクリーンヴォイスを使い分けるその姿は

まさにハヤテのごとく!阿修羅の如く、です。

アンドレのギターもかなりイイです。

彼は尊敬すべきQUEENの神ギタリスト、ブライアン・メイ様に影響を受けているとのことです。

ブライアン様は粘っこいギターが特徴ですが、それはアンドレ氏にも受け継がれています。

ブライアン様のをもうちょっとソフトにしたのがアンドレ氏のサウンド、といったところでしょうか。



テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Blind Guardian | コメント:2 | トラックバック:0 |

受験「キリキリ勉強しろこのうつけめ」

模試が返ってきました。

東大D判定です。東工大C判定です。

先生「今の時点でC判定なら確実に合格します」

となればなかなかの結果だったのかもしれません。

期末テストが返ってきました。

どれもほとんど平均点よりちょい上程度。\(^o^)/オワタ

どうして模試とここまで成績に隔たりがでるんだろうかorz

あっ、あなたは受験さん。ど、どうしてこんなところに・・・?

受験「さあキリキリ勉強するんだよ!!」

アッーーーーーーーーーーー!!



フィンランドのヘヴィ・メタル・バンド【Arch Enemy】で【Enemy Within】です。

Blood On Your Handsと同様変拍子な曲です。

Arch Enemy中最も人気の高い曲の一つのようで、俺も大好きな曲です。

Dark Thought!! Rise Up!!

素晴らしい。うん、素晴らしい。

ライヴで生で見ているからか、本来の二倍は良く聴こえる。

あの時ヘドバンしまくって首痛めたのは忘れないよ。

俺のなかではNemesisと並ぶ屈指の名曲です。

デス声に拒否感なければ是非今すぐ聴いて欲しい。

すごく・・・ 激しいです・・・




テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Arch Enemy | コメント:0 | トラックバック:0 |

諸君、私はメタルが好きだ

諸君、私はメタルが好きだ
諸君、私はメタルが好きだ
諸君、私はメタルが大好きだ

メロスピが好きだ
メロデスが好きだ
スラッシュが好きだ
正統派が好きだ
ネオクラが好きだ

フィンランドで
ドイツで
イギリスで
イタリアで
アメリカで

この地上に存在するありとあらゆるメタルが大好きだ

疾走感溢れるリズムが好きだ
ツーバスが異常な程にドコドコ踏み鳴らされるなど心がおどる

ギターの速弾きが好きだ
ギュイーンピロピロ掻き鳴らされるときなど胸がすくような気持ちだった

クサいメロディが好きだ
フォーザーキーンと叫ぶときなど感動すらおぼえる

カイ・ハンセン様が『アーライッ!!』とシャウトしたときなどもうたまらない
ライヴでは決して再現できない異常な高速プレイをしたときは最高だ

『ヘビメタ? あんなの煩いだけの騒音だろ(笑) メロディなんか皆無じゃん』とほざくのを
せせら笑う時など絶頂すら覚える

ファンの期待を裏切って音楽性の方向転換をするバンドが好きだ
少しリズムを変えただけでみんながこぞって叩きまくっているのを見るのはとてもとても悲しいものだ

商業性など全く考えずやりたいことをやるメタルバンドの姿勢が好きだ
最高の名盤がチャートに顔を出しさえしないのは屈辱の極みだ

諸君 私はメタルを 世界のチャートを征服する様なメタルを望んでいる
諸君 私に付き従うメタル好きの諸君 君たちは一体何を望んでいる?
更なるメタルを望むか 
糞の様なメタルを望むか?
アイドルが歌う、売れることしか考えない音楽モドキをCD店から叩き出し、
棚を埋めつくす最強たるあらゆる音楽の王のようなメタルを望むか?


メタル!! メタル!! メタル!!


よろしい ならばメタルだ

だが、世界中でポップスしか聴く耳を持たないスイーツ(笑)どもの嘲笑に耐え続けて来た我々には
ただのメタルではもはや足りない!!
大メタルを!! 一心不乱の大メタルを!!

我々はわずかに小数
ポップス厨の数に比べれば物の数ではない
だが諸君は一騎当千の鋼鉄神だと私は信じている
ならば我らは諸君と私で総兵力100万と1人のメタラー集団となる
我らを忘却の彼方へと追いやり、J-POPしか聴かずにメタルを馬鹿にする屑どもを叩きのめそう
髪の毛をつかんで引きずり下ろし 眼(まなこ)をあけて思い出させよう

連中に真の芸術というものを思い出させてやる
連中に鋼鉄の美学を思い出させてやる
メタルには奴らの哲学では思いもよらない素晴らしき音楽がある事を思い出させてやる
1000人の鋼鉄神の集団で 世界を神たる重厚なる鋼鉄で埋め尽くしてやる

目標 オリコンチャート

NWOHM(New Wave Of Heavy Metal)作戦 状況を開始せよ

逝くぞ 諸君

hellsing_metal




イギリスのヘヴィ・メタル・バンド【Iron Maiden】で【The Number of The Beast】です。

いわずと知れた超有名な曲ですね。

6! 6!! 6!!!

The Number of The Beast!!


これにより(?)、メタラーにおいて666という数字が神格化されました。

結構短めの曲ですが、その中には沢山の魅力が詰まっています。

最初に少し語りが入り、そこから怒涛のリフの嵐。たまらん。

そしてサビにおけるブルース氏の人間離れしたシャウトはもう鳥肌モノ。

この曲の、というよりメイデンの最大の魅力は静と動の絶妙のバランスですね。

最初は静かに。やがて激しく。

この流れはカイ様など多大なるメタラーに影響を与えたと思います。

実際カイ様はメイデンからパクリとも思えるほどにインスパイアされているようです。

ライヴでは定番曲のようです。

この前のライヴに行きそびれたことが残念でならないorz


テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Iron Maiden | コメント:2 | トラックバック:0 |

期末試験オワタ\(^o^)/

ようやく期末試験が終わりました。

数学Ⅲで死亡しました。

学年末試験っていうと、大抵赤点回避のため簡単です。

でも数学Ⅲは・・・ 簡単な問題50点分、後は入試レベル(?)のものばかり。

やれるだけやりましたが、計算量がハンパない。

分からない問題も少々あり、大分終わった感じです。

来年数学(演習クラス)は上・中・下のレベル別に3クラスに分けるようですが・・・

上のレベルのクラスに入れるか不安です。

さあ、一区切りついたことだし、もう本格的に受験勉強始めなあかんね。




アメリカのヘヴィ・メタル・バンド【Slayer】で【Angel Of Death】です。

まずは始めに言っておく。

心臓の弱いヤツは絶対聴くな!!

それはなぜか? 暴虐性のキワミだからだ。

とにかく速い! 速い速い速い速い速い速い速い速い速い速い!!

ジャンルはスラッシュ・メタルと申します。

まあ、ホントに簡単に言ってしまうと『滅茶苦茶激しいメタル』といったところでしょうか。

メロスピが美旋律を重視するのに対し、スラッシュは暴虐性を重視するものが多いです。

特にこのSlayerは典型的で、歌詞もナチスを歌っていたりと色々ヤヴァイです。

初めて聴く人は衝撃を受けるハズ。自然と首が動くでしょう。

このAngel Of DeathはMetallicaのBatteryと並ぶスラッシュのアンセムとして崇拝される曲です。

知名度的にはスラッシュのPainkillerと言ってもいいと思います。

さあ、暴れたい人は今すぐこの素晴らしき曲を聴くがいい。

そして思う存分、ヘッドバンキングをしようではないか。

最後に一言:Slayerは用法・用量を守って正しく服用して下さい。



テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Slayer | コメント:0 | トラックバック:0 |

Arch Enemy 3/8 ライヴレポート

3月8日の東京は新木場で行われたArch Enemyのライヴ。

試験中にもかかわらず暴れてきました。

てなわけで、今回もレポートを書きます。

まず第一の感想として、ライヴハウスでかい!! と思いました。

Nightwishのとき滅茶苦茶小さかったのもこう感じる要因の一つかもしれん。

で、前座のJob For a Cowboyは遅刻したためみれませんでした。

続くShadows Fallは全部見ました。CDを聴いたことがないんで感動はしませんでしたが

なかなかいいメタルコアバンドだと思いました。

               ステージ
    
               観客席①
       ________________

               観客席②

         ↑こんな感じになってるんですが、俺は柵の後ろの観客席②の二列目に。

で、待つこと約30分。遂に我らが英雄が登場します。

そして突如流れる空襲警報。Blood On Your Handsの始まりです。

何より印象的だったのが

リッメンヴぁーーーーーーーーーーーー!!

の大合唱。感動しました。同じことは去年のLOUD PARKでもやりましたがやはりいイイ。

そしてライヴなのに演奏の乱れがほとんどありませんでした。流石というべきか・・・

それから間髪いれずにRavenous。死ぬかとオモタ。

周囲の盛り上がりは異常なほどに。

もちろんRavenous!!のコーラスは健在。

あの特徴的なギターソロも同じく大合唱でした。

その後はTaking Back My Soul。

正直俺の中では印象の薄い曲でしたが、これにより良さを再確認。

イイ曲じゃないか。帰ったらもう一度聴いてみようと心に誓う。

次はDead Eyes See No Future。

これも前述と同様です。やっぱりイイ曲。

そしてきました。Dark Insanity。1stアルバムからの選曲です。

この曲は個人的にかなり好きなので、テンションが異常に上昇。

リフは歌いまくりでした。いやあ、やはり凄い。

それが終わると、アンジェラ(vo.)が『日本のアニメに強いインスパイアを受けた』と言います。

そうなるとアレしかない。そう、The Day You Died。

新譜からの選曲ですね。ミッドテンポな聴かせる曲です。

俺はもう体力がヤバかったので、盛り上がりは抑えて聴きに徹しました。

ここでクリストファー・アモット(gt.)のソロが入ります。

彼は速弾き主体のギタリストで、うほっ、いい男・・・カッコイイ人です。

個人的にはマイケル・アモット(クリスの兄・gt.)より好きです。

凄く・・・ 上手です・・・

やはり異常に上手いね。一度脱退したことがありますが、戻ってきてホントに良かった。

そして、ここで神曲登場。Silverwingです。

俺含め会場のテンションは最高潮に。観客席①ではキケンな程のモッシュが始まります。

ヘドバンしすぎて首が死にそうでした。

ヨハン(前vo.)期の曲は凄く好きな曲が数曲と、あまり好きでない曲に分かれますが、

この曲は間違いなく前者。メロディアスすぎます。

次はNight Falls Fast。ミッドテンポの曲です。

疲れたのでこの曲も聴きに徹しました。ギターソロは歌ってましたが。

そして、ダニエル・アーランドソン(ds.)のソロが入ります。

この人はメタル界ではトップクラスの腕前を持つドラマーで、俺の最も好きなドラマーです。

その人のソロ。最高でした。上手すぎだろ・・・

そこから繋げるのはBurning Angel。神曲の登場です。

4th収録曲です。またモッシュ組が危険なコトになってましたが・・・

俺もヘドバンして盛り上がりました。

そして、マイケル・アモット(gt.)のソロが入ります。

弟のソロに比べると幾分見劣りしますが、やはり上手いことは間違いない。

そこに弟も加わってIntermezzo Liberte(インスト曲)に繋げます。

そこからDead Bury Their Dead。4th収録の隠れた(?)名曲です。

この曲は中盤からかなり速くなる曲で、首が死にそうになりました。

そしてアンジェラが『次で最後』といい、Vulturesがプレイされます。

新譜最後の曲です。第一部の幕としてはふさわしい曲ですね。

ギターソロが素晴らしすぎます。カッコええ~・・・

で、一度彼らは退場しますが、すぐに戻ってきて神曲をプレイします。

それはEnemy Within。Arch Enemy中最高の曲の一つです。

Dark Thought!! Rise Up!!から大合唱。

モッシュ組はまたも危険な状態に。

あそこには入りたくないと思いつつ、ヘドバンして盛り上がります。

もはやテンションは最高潮。

そこにSnow Bound(インスト曲)からShadows And Dustに繋げます。

盛り上がりたいところでしたが、体力を考えて軽くヘドバンするまでにしておきました。

そろそろアノ曲が来ると思ったからです。と思ったらやはりきました。

アンジェラ『One For All... All For One... We are One...』

全員『Nemesis!!』

Arch Enemy中最も好きな曲です。

最後の体力を振り絞り、暴れまくりました。

喉が死ぬほどに大合唱。首が死ぬほどヘドバン。

正直、意識が飛ぶかとオモタ...

異常な盛り上がりの後、彼らは最後といいつつWe Will Riseを繰り出します。

正直、あまり好きな曲ではなかったので聴きに回りました。

そうなるとやはり、前述と同じくイイ曲だなあと再確認。

そこからさりげなくFields of Desolationに繋げます。

1st収録です。ギターソロがヤヴァイ曲なんですが、それを生で聴けて感動。

大興奮のライヴは、こうして締めくくられました。

感想:神は存在した。

ところで、メタルのライヴは女の人少ないんですが、今回は異常に多かったです。

この人達が厄介なようで、俺は被害を受けませんでしたが、

最前列の方の人達は大変だったようです。

肘が当たれば殴られたりで・・・ だったら前行くなと。

LOUD PARKでArch Enemyを見たとき俺は最前列近くにいたんですが、

この時は被害を受けました。やれどこが当たっただのでヒップアタックをかまされ・・・

まあコレくらいは茶飯事のようで、爪で抉られて出血したりした人もいるようです。

そういうスイーツ(笑)はライヴに向いてないんじゃないかな?

せっかくこんなに素晴らしいショーを提供してくれているんだから楽しもうよ、

と思ってしまいます…



テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

ライヴレポート | コメント:0 | トラックバック:0 |

【祝福】今日はArch Enemyのライヴ【五冠王】

えー、只今学年末試験期間直前です。

・・・にもかかわらず、俺は今日のArch Enemyのライヴに参戦します。

激しく楽しみです。

テスト? 知らんよそんなもん(爆)

ヤヴァイランキング 1位:化学 2位:英語G 3位:数学C

文系科目は放置の方向でよろしくww



スウェーデンのヘヴィ・メタル・バンド【Arch Enemy】で【Blood On Your Hands】です。

メロディック・デスメタルの代表格であるArch Enemyですが、

前述の通り試験勉強を放り出して今日のライヴに参戦しますw

この曲は新譜からの第一曲目です。リフの重厚さがたまらない。

新譜トップクラスの神曲です。決してメタル聴いたことない人は聴かないようにww

リッメンヴぁーーーーーーーーーーーー!!!

ところで、ヘヴィ・メタル専門雑誌であるBurrn!が『2007年度ランキング』を行いました。

グループ部門やらギター部門やら色々あるんですが、なんと・・・

Arch Enemy五冠王!!

すげえ!! おめでとうArch Enemy!!

グループ・ギター・ドラム・作曲・新譜部門で1位をとっていました。

(俺はArch Enemyにはドラム部門に一票を投じています)

ベストチューン部門でも、このBlood On Your Handsが二位をとるという健闘ぶりを見せました。

だが・・・ 何故カイ・ハンセン様が7位なんだ!!

おかしい・・・ 陰謀だ! カイ様が(ギター部門で)1位どころか7位なんて!!

カイ様が1位をとることを祈りつつポストに投票ハガキを投票したのにorz

グループ部門でもGamma Rayは第12位。知名度はどうしてもHelloweenに持っていかれるようです。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Arch Enemy | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。