RIDE THE SKY

ゆるい大学生活と熱きヘヴィ・メタル魂を綴っていくブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

How The West Was Won/Immigrant Song

待って待って一ヶ月。

ついにLed Zeppelinのライヴ盤【How The West Was Won】をゲットしました\m/


htwww



ドキドキしながら再生スイッチをオンすると……


キターーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!!!


これだよ、これなんだよ!!

こういうのを聴きたかったんだよ!!

初っ端のImmigrant Songのあの有名なリフ、そして

アァァアアアアアアアアアアアッ !!!!!!

アァァアアアアアアアアアアアッ !!!!!!

を聴いた時点で、こりゃありえないほど

素晴らしいライヴ盤だと確信しましたもん。


詳しい感想とかはいつかレビューで書くとして、

まず思ったのは異常に音がいいな、という事。

ウン十年前のライヴなのに、このクリアさはなんですか

きっとペイジさんが一生懸命リマスタリングしたんでしょうね

そして、ボンゾのドラミングのキレっぷりに惚れました。

スタジオテイクよりも数段プレイが冴えててびっくりしました。

特にMoby Dickにおける15分超えのドラム・ソロ。

ヤバすぎてもはや言葉にできませんよ、ホント。


正直、Deep PurpleのLive In Japanや

RainbowのOn Stageに並ぶ出来ですよ、このライヴ盤。

こりゃしばらくヘヴィロテ確定ですな\m/


実はこれを聴きながら勉強しようと思ってたんですが、

あまりの素晴らしさに全く手が付かず、5分で諦めました(笑)

だって気付いたらZEPの事以外何も考えられなくなってる自分がいるんだもん。

特にDisk 3のWhole Lotta LoveからRock & Rollに移行するときは、

冗談抜きで全身の血が沸き立つような感じでした。


こりゃROCKが好きな人は絶対聴かなきゃ駄目ですよ。

聴かなきゃ絶対損する。間違いない。

ハードロックが、そしてLed Zeppelinが好きか嫌いかに関係なく、

ここまでやられると誰であろうと素直に感嘆する事しかできないでしょう。

ここにあるのは、そういう音です。


ありがとう、ZEP。一生ついて行くよ。





今回の選曲は、イギリスのバンド【Led Zeppelin】で【Immigrant Song】です。


ZEPの中では天国の階段と同じくらい好きな曲です。

短い曲ですけど、その分いい部分が凝縮してると思います。


ボンゾによるシャーン!というシンバルと共に始まる、ペイジの超印象的なリフ。

そして、プラントのアァァアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッ!!という絶叫。

もうたまりませんよ。どうにでもしてくれって感じです。


歌詞の内容は、西部開拓史を歌ったものでしょうか。

記事に書いたライヴ盤の名前の由来のように、

ZEPが全米を征服していく事を予見しているかのようです。

※追記:よく読みなおしてみたら違うみたいですね(^^ゞ
知ったかぶりしてサーセンww


ZEPにしては非常に分かりやすい曲ですよね。

俺はZEPの曲を聴いてすぐに気に入る、ってのは滅多に無いんですが(スルメってやつです)

この曲に関しては一発で好きになってしまいました。

それでいて飽きることなく聴きまくっています。


余談ですが、俺のiPodの再生回数を調べてみたところ、この曲がトップでした。

どんだけ聴いてんだよ、って感じですね(笑)


スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Led Zeppelin | コメント:0 | トラックバック:0 |

スキー好きー/Elegy

高校二年生の時のクラスメート達総勢27人と共にスキー旅行に行って来ました。

ウチの学校(正確にはその本元の大学)が建てた宿舎に泊まれたので、

費用はかなり安く済んでお財布が助かってたり(笑)

2泊3日で、とても楽しいひと時を過ごせました。


スキーは三年ぶりだったので、かなりのブランクを感じました。

なんというか、体が動かないのですよ(笑)

特にコブの斜面とか死にました。

ムスカ大佐「見ろ、足が棒のようだ!!」


ski1



それにしても、久々な為かスキー特有のスピード感が怖いのなんの。

ジャンプ台の前とかで加速するとき、うっかり速くしすぎて

「I'm a Highway Staaaaaaaaaaaaaaaaar!!!!!!!」

と叫んで怖さを紛らわしました。周囲に人はいなかったから無問題(ぉ

まあ見られたら見られたで

「そうです、私が変なおじさんです」

と言えば大丈夫…… なわけないね、うん(笑)


今回の旅行では、卒業前にはあまり話せなかった人達とも沢山話せた事が嬉しかったです。

来年も行くようなので、今から楽しみです(>_<)b


ski2



P.S.タイトルに関しては心から反省しております。





今回の選曲は、フィンランドのバンド【Amorphis】で【Elegy】です。


タイトル通り、まさにELEGY(哀歌)。

泣きまくりの曲調は、俺にとって果てしなくツボでした。

特に中間のデス部分。

ここ反則ですよね。どうしたらこんなメロディが浮かんでくるんだろう。


この曲に限らず、Elegyアルバム収録の全ての曲の歌詞は

フィンランド土着の叙情詩である『カレワラ』から引用しているようですね。

機会があったらぜひ読んでみたいです。もちろんAmorphisを聴きながら\m/


スキーに行った事は上にも書いていますが、雪景色を眺めながらこの曲を聴くと

もう最高に感動することができました。







テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Amorphis | コメント:2 | トラックバック:0 |

おもしろ猫・ヤギ/Highway Star

今日(日付変わってるから昨日か)テレビを見ていたら、

『人間のように鳴くヤギ』というのが紹介されていました。

その動画を見たい人はココをクリックしてください。


ホントに人間みたいですよね。

特に、二番目に出てきたバカ殿ヤギ!!

あまりにも志村さんに似すぎていて、母共々「絶対合成だ!!」と叫びましたよ(笑)

餌をやっている女性も大爆笑してます(外人なのにね(笑))。


続いて、カニに驚く猫の動画。

コチラで見れます(他人様のブログです)

超可愛いですよね。

でも、ぬこは怖かったんでしょうね~。

ちょうどホラー映画を見ている人の反応に似ています(笑)


動物のこういう動画を見ると凄く癒されます。





今回の選曲は、イギリスのバンド【Deep Purple】で【Highway Star】です。


やっぱり第二期パープルではこれが一番好きです。

どこをとっても素晴らしいの一言ですね。


最初のロードによるソロ、二番目のリッチーによるソロがこの曲のハイライトだと思います。

特にリッチーのソロ。スタジオ盤だとツイン・リード形式になっていますね。

もちろんこのスタジオ盤も凄くいいんですけど、

Made In Japan収録のライヴバージョンにおけるリッチーのソロは本当に神掛かっています。

リアルタイムで生で見たかったな~、リッチー御大のソロ……


グローヴァーのベースもブンブンいってますし、ギランのシャウトも冴えてて最高です。

そして何と言っても、聴き終えた時の爽快感が尋常じゃないです。

カラオケでも毎回歌っていますよ\m/


4月の来日公演でこの曲を生で見るのが非常に楽しみです。
(リッチーいないけど(泣))



I'm a highway staaaaaaaaaaaaaaaaaar!!!!!!!!!!!!

(注:俺は免許を持っていません(笑))


テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Deep Purple | コメント:0 | トラックバック:0 |

13日の金曜日/Black Sabbath

今日は13日の金曜日!!

先月は「2月13日の金曜日」という特別な日でしたが、

その次の月(今月)の13日も金曜日なんですね。びっくりです。

Black Sabbathが1970年2月13日にデビューしたという有名な話がありますが、

それになぞらえて、13日の金曜日にはサバスしか聴かない事にしています\m/

今日も一日サバス三昧!!


ところで、昨日友人達とカラオケに行きました。

12時頃フリータイムで入ったので6時まで歌えるはずだったんですが、

店員から「店が混んできたので」と言われ三時間で追い出されてしまいました(泣)

不完全燃焼極まりないです。そんな俺はこう叫びたい。

Scream For Me Long Beach!!

金 返 せ !!

全くフリーじゃないフリータイムの話でした(笑)





今回の選曲はイギリスのバンド【Black Sabbath】で【Black Sabbath】です。


オリジナル音源がどうしても見つからなかったので、なんかよく分からん音源をUP。


サバスで一番好きな曲は何か、と聞かれれば迷わずコレを選びます。

サー…… という雨の音に、遠くにゴロゴロと轟く雷の音、そして鐘の音。

そこにあの有名な不気味な三音リフが……

それに重なるのは、オジーの発狂寸前のボーカル。

そしてギーザーの太すぎるベースにビル・ワードのタメが効きまくったドラムが合わさって……

本当になんという緊張感でしょうか、この曲は。

静と動の対比についてもまた見事ですね。


ちなみに、俺は必ずこの曲のリフを弾いてからギターの練習に臨みます。

練習中にも、合間合間に無意識にこのリフを弾いてたり(笑)


この前NHK(!!)でやっていたHR/HM特集において

「この曲はHMの全てを網羅している」と言われていました。

「全て」を網羅しているかどうかは別としても、

この曲がHR/HMシーンに計り知れない影響を与えた事は確かでしょう。

(なんて分かった風な事を言ってみたりして^^)


部屋を真っ暗にして聴きたい曲です。



テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Black Sabbath | コメント:0 | トラックバック:0 |

Journeyのライヴ終了/Separate Ways

帰還しました。

超最高!!

いやあ、マジでヤバかったです。

今まで見たライヴの中でもトップクラスですよ、今回の公演は。いや、ホントに。

まあ席がほぼ最後列だったんで、よく見えませんでしたし音響もアレでしたが(泣)


時間は1時間40分程だと思ってたのに、蓋を開けてみればなんと2時間半!!

精神的にはあっという間の、そして体力的には長いな~っと思ったライヴでした。

20~25曲くらいやったんじゃないかな? 曲数が多いのでセトリは割愛します。

(よく覚えてないんです。すんません)


絶対やらないだろうと思って諦めていたMother,FatherやEdge Of The Bladeなどを

プレイしてくれたのが嬉しかった反面、After All These YearsやWho's Crying Nowなどを

プレイしてくれなかったという不満点も少しだけありました。


でも、そんな不満も贅沢だと思えるほどに今回のライヴは最高でした。

メンバー全員演奏が凄く上手いし(特にアーネル。何あの歌唱&パフォーマンス力……)。

ニールのギターとディーンのドラムのキレっぷりのおかげで、

ハードさ3割増しといったところでしょうか。

ちなみに、ディーンの歌が予想以上に上手くてビックリしました。


ま、客のノリはマジで最低クラスでしたが


こんな素晴らしいライヴなら何回でも見たいです。

本当に、あっという間の二時間半でした\m/


追記:セットリストを拾ったのでとりあえず掲載しておきます。


1,Intro~Majestic
2,Never Walk Away
3,Only the Young
4,Ask the Lonely ~Neal Schon Guitar Solo~
5,Stone In Love
6,Keep on Running(DEEN Vocal)
7,Turn Down the World Tonight
8,Change For the Better ~Jonathan Neal Blues Jam~
9,Wheel In the Sky
10,Higher Place(DEEN Vocal)
11,Lights
12,Still They Ride(DEEN Vocal) ~Jonathan Cain Piano Solo~
13,Open Arms
14,Mother Father(DEEN Vocal)
15,Rubicon
16,Wildest Dreams
17,Separate Ways
18,What I Needed
19,Edge Of the Blade
20,Place In Your Hear
21,Escape
22,Fathfully
23,Don't Stop Believin'
24,Any Way You Want It
===ENCORE===
25,Lovin' Touchin' Squeezin'


しかし、Raised On Radioはスルーですかぃ(笑)





今回の選曲はアメリカのバンド【Journey】で【Separate Ways】です。


個人的に、この曲がJOURNEYのナンバー1だと思っています。

今日のライヴでも、この曲が一番盛り上がったんじゃないかな。


イントロのキーボードが強烈ですね。

TOKIOの宙船と似てると思うのは気のせいかな? かな?

今日のライヴでも(←しつこい?)イントロのキーボードが流れた瞬間に、会場が

「ウオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

となりましたよ。それはさながら野獣のように…… というのはさすがに大げさですが(笑)


サビメロも凄く印象的で、ふとした拍子に口ずさんでしまいます。

ニールのギター・ソロもキレてて最高です。


ってか、最後の「desert you♪」ってところのキーが高すぎですよね。

よくこんな声が出るもんだ。改めてスティーヴ・ペリーは上手いな~と思ってしまいます。

そして、この曲をライヴでも完璧に歌いこなしてしまったアーネルにも感嘆しました。



テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Journey | コメント:2 | トラックバック:0 |

Journeyの東京公演に参戦します/Open Arms

明日はいよいよ、待ちに待ったJOURNEYの東京公演の日です。

セットリストはもうBURRN!誌で発表されているので、予習もバッチリ\m/

惜しむらくは、座席が2階の後ろの方ということ(泣)

見えねーよ!!!

ま、音を聴くつもりで(笑)


余談ですが、公演会場である東京国際フォーラムは、

俺が入学する予定の大学の入学式会場でもあるのです。

入学式当日は、JOURNEYのライヴを思い出しながらニヤニヤしてしまうだろうな~(笑)



以下に去年の9月27日におけるライヴのセットリストを掲載しておきます。


01.Never Walk Away
02.Only The Young
03.Neal Schon Guitar Solo
04.Stone In Love
05.Ask The Lonely
06.Keep On Runnin'
07.After All These Years
08.When You Love A Woman
09.Change For The Better
10.Separate Ways
11.Faith In The Heartland
12.Lights
13.Jonathan Cain Piano Solo
14.Open Arms
15.Don't Stop Believin'
16.Faithfully
17.Wheel In The Sky
18.Escape
19.Anyway You Want It
20.Lovin', Touchin', Squeezin'


代表曲は一通り網羅されている感じですね。期待大です\m/







今回の選曲は、アメリカのバンド【Journey】で【Open Arms】です。


これが一番有名な曲ですよね。聴かせた人のほとんどが「これ知ってる!!」って言ってましたし。

海猿のテーマ曲にもなったらしいです。

生憎海猿は見ていないので、流れている場面は確認してませんが。


非常に綺麗なメロディですね。

スティーヴ・ペリーの抜群の歌唱力も相まって、サビでは荘厳な感じすらします。

ジョナサン・ケインのピアノが、この曲のもう一つの鍵と言えると思います。

イントロが流れた瞬間、部屋の空気がガラッと変わりますよね。切なすぎです。


ちなみにこの曲、あの歌姫マライア・キャリーがカヴァーしています。

しかし個人的には、本家(JOURNEYヴァージョン)には遠く及んでいないと思いますが。
(歌は上手いと思うんですが、JOURNEYヴァージョンを聴いた後だとちょっと……)


明日のライヴでは絶対聴きたい曲の一つです。




テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Journey | コメント:2 | トラックバック:0 |

ヒトカラ(一人カラオケ)に行ってきました/Dreams

タイトル通り、ヒトカラに行ってきました。

普段は3~5人で行くんですが、それだと時間的に歌える曲が限られてしまうので、

思い切り歌いたい時は一人で行くのが常です。



以下歌った曲のセットリスト(歌った順)


Aces High/Iron Maiden
Ain't My Bitch/Metallica
Anarchy In The U.K./Sex Pistols
Breaking The Low/Judas Priest
ネオメロドラマティック/ポルノグラフィティ
Rock & Roll/Led Zeppelin
Black Night/Deep Purple
Separate Ways/Journey
Back In Black/AC/DC
American Idiot/Green Day
Stargazer/Rainbow
紅/X Japan
Immigrant Song/Led Zeppelin
The Fourth Avenue Cafe/L'Arc~en~Ciel
Battery/Metallica
Master Of Puppets/Metallica
Paranoid/Black Sabbath
Crazy Train/Ozzy Osbourne
Highway Star/Deep Purple
Kill The King/Rainbow
Fear Of The Dark/Iron Maiden
Stairway To Heaven/Led Zeppelin
Hail & Kill/Manowar
アゲハ蝶/ポルノグラフィティ
Smoke On The Water/Deep Purple
Dreams/Vah Halen
Spotlight Kid/Rainbow
Prowler/Iron Maiden
Creeping Death/Metallica
Jump/Van Halen
The Final Countdown/Europe
Angel Of Death/Slayer
花咲く命ある限り/Raphael
Don't Stop Me Now/Queen
Burn/Deep Purple
Heaven & Hell/Black Sabbath
Die Young/Black Sabbath
Iron Maiden/Iron Maiden
You Shook Me All Night Long/AC/DC
Fight Fire With Fire/Metallica
Hells Bells/AC/DC
I Want Out/Helloween


まだまだ歌いたい曲はありますが、それは次の機会にとっておくことにします。








今回の選曲はアメリカのバンド【Van Halen】で【Dreams】です。

デイヴかサミーのどちらが好きかと問われればサミーの方が好きですし、
曲はデイヴ期とサミー期のどちらが好きかと問われればデイヴ期の曲の方が好きですが、
一番好きな曲はこのDreamsです。
(インストも数に入れていいならもちろんEruptionが一番好きですが)
といっても、ファーストと1984、5150しか聴いてないにわかファン(?)の意見なので
あまりアテにしないで下さい。いやマジで。


この曲ではキーボードがとても効果的に使われている感じがしますね。
そのおかげで大変ドラマティックな仕上がりとなっています。
イントロを聴いた瞬間、まるで心が洗われるかのようです。

そして、"Voice Of America"なる異名を持つサミー・ヘイガーの歌唱力!
なんてクリーンで力強い声なんでしょうか。
こんな声が出せればいいのになぁ……

エディのギターは控えめな感じがしますが、ソロではきっちり激ムズ(らしい)プレイを披露してます。
特に二番目のソロなんかはどうやって弾いてんの? って感じです。

ちなみに、俺は邦楽ラヴ・ソング以外はあまり歌詞を気にしないタチなんですが、
(邦楽ラヴ・ソングは今のところどうしても好きになれません(笑))

この曲の歌詞はポジティブな感じが曲全体に溢れていて大好きです。
(サミーの声も明るい感じなので相乗効果ですね)




テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Van Halen | コメント:0 | トラックバック:0 |

卒業/Stairway To Heaven

今日、高校を卒業しました。

卒業式も特に問題も無く終わったので一安心です。

色々な人が表彰されていましたが、俺は精勤賞だけを貰いました。

優秀賞(成績良い人に贈る賞)欲しかったな~……


一年生の時に【卒業する自分に贈る手紙】なるものを書いて先生に預けていたんですが、

それを今日先生から手渡されました。

そこには「現在の自分は趣味を模索中」と書かれており、

卒業する自分は何か打ち込める趣味を持っているか、とも記されていました。

それに対して、俺はこう答えましょう。

「俺の趣味は、HR/HMを聴く事だ!」

ちなみに初対面の人には「趣味は音楽鑑賞」と答え、好きなバンドはQueenやポルノグラフィティと答える事にしています。

友人からも俺に宛てた手紙(同じく一年の時に書いたやつ)が届いていて、

それを読んで思わずジーンときてしまいましたよ……



卒業式名物の告●イベントも密かに(宝くじで1等当たればいいな程度に)期待していましたが、

な~んにもなかったですよ、ハハハ。もうちょっと女の子と話しとけば良かったなぁ。

玉砕している人なら見ましたけどね(合掌)

何も起こりは(起こしは)しませんでしたが、色々と甘酸っぱい思いをしました。

気になっていた子とも、結局最後まで話しかけられなかったなぁ、と。

その結果というかなんというか、危惧していた通りに高校生活は彼女無しどころか

女友達すらほぼ無しという事になりました(泣)

シャイすぎですね、ごめんなさい。

大学では頑張ります。頑張りたいです。

といっても女性との折り合い方なぞ分からんので、本でも読んでみようかな。

人生の先輩方! どうかこの不肖な俺にアドヴァイスを!!



……閑話休題。

これから約一ヶ月は大学生活への準備という事になります。

落ちこぼれないように、勉強をしっかりやらねばなりません。

充実した大学生活を送りたいものです。






今回の選曲はイギリスのバンド【Led Zeppelin】で【Stairway To Heaven】です。

別に誰も死んでませんが、卒業式ということで。


時代を超える名曲なんて言葉がありますが、これなんかはその代表ではないでしょうか。

アルペジオと笛による静かな曲調から徐々に勢いを増し、

ハードロック調になってぐわーっと盛り上がったところで再び静かな曲調へ。

静から動へ、という流れの典型としてメイデンのFear Of The Darkがありますが、

あれよりももっと自然な感じの流れですよね。

FOTDが静→動→静と、まるでF1カーがクラッシュを起こしたかのごとく急激に変化するのに対し、

この天国への階段は「気がついたらハードになっていた」という感じです。


この曲を良く聴いてみると、同じフレーズが

何度も何度も繰り返されているように感じますが、実はプラントが同じメロディを歌っているだけで

バッキングは変化をしていたり、その逆だったりするんですよね。

Wikipediaには「繰り返しのたびに緊張感が高まってゆき、やがて雄大なクライマックスに至る」

などと記述されていましたが、まさにその通りだと思います。


俺はHR/HMを聴き始めて日が浅いので、どのバンドが音楽的に質が高いだとか、

どの人が曲のどこそこで高度な事をやっているだとか、そういう難しい事は全く分かりませんが、

この曲が素晴らしいという事だけは感じているつもりです。

それで十分じゃないですか?



テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Led Zeppelin | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。