RIDE THE SKY

ゆるい大学生活と熱きヘヴィ・メタル魂を綴っていくブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

卒業/Stairway To Heaven

今日、高校を卒業しました。

卒業式も特に問題も無く終わったので一安心です。

色々な人が表彰されていましたが、俺は精勤賞だけを貰いました。

優秀賞(成績良い人に贈る賞)欲しかったな~……


一年生の時に【卒業する自分に贈る手紙】なるものを書いて先生に預けていたんですが、

それを今日先生から手渡されました。

そこには「現在の自分は趣味を模索中」と書かれており、

卒業する自分は何か打ち込める趣味を持っているか、とも記されていました。

それに対して、俺はこう答えましょう。

「俺の趣味は、HR/HMを聴く事だ!」

ちなみに初対面の人には「趣味は音楽鑑賞」と答え、好きなバンドはQueenやポルノグラフィティと答える事にしています。

友人からも俺に宛てた手紙(同じく一年の時に書いたやつ)が届いていて、

それを読んで思わずジーンときてしまいましたよ……



卒業式名物の告●イベントも密かに(宝くじで1等当たればいいな程度に)期待していましたが、

な~んにもなかったですよ、ハハハ。もうちょっと女の子と話しとけば良かったなぁ。

玉砕している人なら見ましたけどね(合掌)

何も起こりは(起こしは)しませんでしたが、色々と甘酸っぱい思いをしました。

気になっていた子とも、結局最後まで話しかけられなかったなぁ、と。

その結果というかなんというか、危惧していた通りに高校生活は彼女無しどころか

女友達すらほぼ無しという事になりました(泣)

シャイすぎですね、ごめんなさい。

大学では頑張ります。頑張りたいです。

といっても女性との折り合い方なぞ分からんので、本でも読んでみようかな。

人生の先輩方! どうかこの不肖な俺にアドヴァイスを!!



……閑話休題。

これから約一ヶ月は大学生活への準備という事になります。

落ちこぼれないように、勉強をしっかりやらねばなりません。

充実した大学生活を送りたいものです。






今回の選曲はイギリスのバンド【Led Zeppelin】で【Stairway To Heaven】です。

別に誰も死んでませんが、卒業式ということで。


時代を超える名曲なんて言葉がありますが、これなんかはその代表ではないでしょうか。

アルペジオと笛による静かな曲調から徐々に勢いを増し、

ハードロック調になってぐわーっと盛り上がったところで再び静かな曲調へ。

静から動へ、という流れの典型としてメイデンのFear Of The Darkがありますが、

あれよりももっと自然な感じの流れですよね。

FOTDが静→動→静と、まるでF1カーがクラッシュを起こしたかのごとく急激に変化するのに対し、

この天国への階段は「気がついたらハードになっていた」という感じです。


この曲を良く聴いてみると、同じフレーズが

何度も何度も繰り返されているように感じますが、実はプラントが同じメロディを歌っているだけで

バッキングは変化をしていたり、その逆だったりするんですよね。

Wikipediaには「繰り返しのたびに緊張感が高まってゆき、やがて雄大なクライマックスに至る」

などと記述されていましたが、まさにその通りだと思います。


俺はHR/HMを聴き始めて日が浅いので、どのバンドが音楽的に質が高いだとか、

どの人が曲のどこそこで高度な事をやっているだとか、そういう難しい事は全く分かりませんが、

この曲が素晴らしいという事だけは感じているつもりです。

それで十分じゃないですか?


スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Led Zeppelin | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<ヒトカラ(一人カラオケ)に行ってきました/Dreams | HOME | OVER THE RAINBOWのチケットが届きました/I Surrender>>

この記事のコメント

君は高校生なのにエライ!
こういう音楽を若い子に聞いてもらいたいんだよ!!
2009-03-15 Sun 23:58 | URL | ぶりてぃっしゅ!! #-[ 編集]
エライ、ですか(汗)
これからもこういう音楽(ZEPとか)を聴き続けます\m/
2009-03-16 Mon 22:44 | URL | neoバルサミコ酢 #XWKLXvzo[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。