RIDE THE SKY

ゆるい大学生活と熱きヘヴィ・メタル魂を綴っていくブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

How The West Was Won/Immigrant Song

待って待って一ヶ月。

ついにLed Zeppelinのライヴ盤【How The West Was Won】をゲットしました\m/


htwww



ドキドキしながら再生スイッチをオンすると……


キターーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!!!


これだよ、これなんだよ!!

こういうのを聴きたかったんだよ!!

初っ端のImmigrant Songのあの有名なリフ、そして

アァァアアアアアアアアアアアッ !!!!!!

アァァアアアアアアアアアアアッ !!!!!!

を聴いた時点で、こりゃありえないほど

素晴らしいライヴ盤だと確信しましたもん。


詳しい感想とかはいつかレビューで書くとして、

まず思ったのは異常に音がいいな、という事。

ウン十年前のライヴなのに、このクリアさはなんですか

きっとペイジさんが一生懸命リマスタリングしたんでしょうね

そして、ボンゾのドラミングのキレっぷりに惚れました。

スタジオテイクよりも数段プレイが冴えててびっくりしました。

特にMoby Dickにおける15分超えのドラム・ソロ。

ヤバすぎてもはや言葉にできませんよ、ホント。


正直、Deep PurpleのLive In Japanや

RainbowのOn Stageに並ぶ出来ですよ、このライヴ盤。

こりゃしばらくヘヴィロテ確定ですな\m/


実はこれを聴きながら勉強しようと思ってたんですが、

あまりの素晴らしさに全く手が付かず、5分で諦めました(笑)

だって気付いたらZEPの事以外何も考えられなくなってる自分がいるんだもん。

特にDisk 3のWhole Lotta LoveからRock & Rollに移行するときは、

冗談抜きで全身の血が沸き立つような感じでした。


こりゃROCKが好きな人は絶対聴かなきゃ駄目ですよ。

聴かなきゃ絶対損する。間違いない。

ハードロックが、そしてLed Zeppelinが好きか嫌いかに関係なく、

ここまでやられると誰であろうと素直に感嘆する事しかできないでしょう。

ここにあるのは、そういう音です。


ありがとう、ZEP。一生ついて行くよ。





今回の選曲は、イギリスのバンド【Led Zeppelin】で【Immigrant Song】です。


ZEPの中では天国の階段と同じくらい好きな曲です。

短い曲ですけど、その分いい部分が凝縮してると思います。


ボンゾによるシャーン!というシンバルと共に始まる、ペイジの超印象的なリフ。

そして、プラントのアァァアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッ!!という絶叫。

もうたまりませんよ。どうにでもしてくれって感じです。


歌詞の内容は、西部開拓史を歌ったものでしょうか。

記事に書いたライヴ盤の名前の由来のように、

ZEPが全米を征服していく事を予見しているかのようです。

※追記:よく読みなおしてみたら違うみたいですね(^^ゞ
知ったかぶりしてサーセンww


ZEPにしては非常に分かりやすい曲ですよね。

俺はZEPの曲を聴いてすぐに気に入る、ってのは滅多に無いんですが(スルメってやつです)

この曲に関しては一発で好きになってしまいました。

それでいて飽きることなく聴きまくっています。


余談ですが、俺のiPodの再生回数を調べてみたところ、この曲がトップでした。

どんだけ聴いてんだよ、って感じですね(笑)

スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Led Zeppelin | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<入学 | HOME | スキー好きー/Elegy>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。