RIDE THE SKY

ゆるい大学生活と熱きヘヴィ・メタル魂を綴っていくブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

深紫&貴族のライヴレポ

DEEP PURPLEとインギーのライヴに行ってきました。


感想。

キターーーー(・∀・)ーーーー !!

なななななななんと!!

あのジョン・ロード様がおいでになったのです!

元DPのメンバーである彼は、俺が歴代NO.1と崇めるキーボーディスト。

そんな彼ですが、あまりにもさりげなく登場したためほとんど気づきませんでした (泣)

それでも、偉大な人物と空間を共有できたという事実を嬉しく思います。


そしてさらに!

Smoke On The Waterでインギーが乱入!!

(まあ、モーズ以外はガン無視状態でしたが(笑))

どうやら彼は、ウン十年来の願いがついに叶ったようです。

よかったな、インギー。


まさにサプライズだらけ。いずれも、15日の東京公演以外では行われなかったものです。

なんか1ヶ月分の運を使った気分だ。




今回の選曲は、イギリスのバンド【Deep Purple】で【Perfect Strangers】です。


今回の来日公演最終日では、この曲の時に御大ジョン・ロードが登場しました。

YouTubeを漁ってみたら、なんと過去に彼が同曲でDPに

飛び入り参加した時の映像があったので、これをうpしてみました。

ちなみにエイリーのソロやロードの登場の仕方、演出など、ほぼ全てが来日公演時と同様です。
(エイリーソロにおけるスターウォーズのテーマは来日時は無し)


このタイトル、何て訳せばいいのでしょうか。

完璧な余所者? それとも完全に変人??

曲自体も、どこか不思議な感じが全編で漂っています。


サビのところではギターの印象があまりにも強すぎて、歌メロが地味です。

その後のキーボードも、なんか聴いていて「??」となってくるほど印象的。

もちろんいい意味で、ですが。


パープルにしては珍しい曲調なんじゃないでしょうか。

もちろん、それもまた一つの彼らの「味」なのでしょうが。

第二期再結成後のアルバムはPerfect Strangersしか聴いていませんが、

同アルバム中ではKnocking At Your Back Door(ちなみにこの曲の意味は
「アナルセ●クス」、つまり『アッー』とか『うほっ』な曲だということか(笑))

に次いで二番目に好きな曲です。


スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Deep Purple | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<今日は一日虹三昧 | HOME | リッチー先生誕生日おめでとう!>>

この記事のコメント

Smoke On The Waterで、
インギーはどんなソロを弾いていたのでしょう?

Perfect Strangersの中では、Wasted Sunsetsという曲も好きですね。(できれば、ジョー・リン・ターナーに歌って欲しい曲ですが)
2009-04-18 Sat 23:03 | URL | むささび太郎 #-[ 編集]
最初は普通に弾いてましたが、すぐにいつものピロピロ節を披露してましたよ(笑)
http://jonlord.org/2009/04/17/jon-lord-jams-with-deep-purple-in-tokyo/
↑ここにその時の動画があります。

Wasted Sunsetsも凄くいい曲ですよね。
確かにジョーの方が合う気がします。
(後期Rainbow風の曲ですもんね)
他にはA Gypsy's Kissも好きです。
2009-04-20 Mon 00:36 | URL | neoバルサミコ酢 #XWKLXvzo[ 編集]
あ、ほんとですね。
いつものピロピロ節ですね。強引だなあ(笑)

貴重な情報ありがとうございます!
2009-04-22 Wed 21:36 | URL | むささび太郎 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。