RIDE THE SKY

ゆるい大学生活と熱きヘヴィ・メタル魂を綴っていくブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

今日は一日虹三昧

最近忙しくてブログの更新サボってます。あいすんません。


先日、待ちに待ったOVER THE RAINBOWの来日公演に行ってきました。

いやー、やっぱりいいですね。

メンバーは確かに寄せ集めですし、ユルゲンも『フツーのギタリスト』って感じでしたが、

楽曲が楽曲ですので、これが楽しくなければウソってもんですわ。

特に18歳の俺としては、リアルタイムで虹を見れなかったので

こういうプロジェクトは非常にありがたいのです。

otr2



席はまさかの前から五番目!

otr1

↑席から撮った写真。近ッ!!

当日は叔父さんと一緒にいったんですが、なんとすぐ近くに叔父さんの知人の方がいました。

いやー、ビックリでした。


オープニングは『We must be over the rainbow...』のSEで始まるかと期待してたんですが、

それは見事に外れ、Tarot WomanのKey.ソロでの幕開けとなりました。

やっぱりTony Carey氏のキーボードはいいですね。一気に引き込まれていくようです。


ビックリしたのはSince You've Been Goneの途中からSton Coldに変わるシーン。

事前に分かっていたセトリにSton Coldが無かったのでガッカリしていたのですが、

今回はやってくれたので満足満足(・∀・♪)

ちなみに、ユルゲンは親父さんと反して善い人オーラ全開だったので意外でした(笑)


ライヴ終了後は叔父さんとその知人と一緒に飲み屋に直行し、ロックについて延々語りました。

ちなみに俺は酒を飲まずに、ウーロン茶を飲みながら料理を食べ続けてました。

お酒は二十歳になってから!



以下セットリストです。

Tarot Woman
Kill The King
Street Of Dreams
Man On The Silver Mountain
Death Alley Driver
Eyes Of The World
Ariel
Wolf To The Moon
Power
Can't Happen Here
Jealous Lover
Stargazer
Long Live Rock 'n' Roll
(Encore 1)
Since You've Been Gone
Stone Cold
I Surrender
(Encore 2)
All Night Long



そして、昨日は『今日は一日HR/HM三昧Ⅱ』を聴いていました。

といっても昼に用があって外に出ていたので後半のみですが。


どうやらスラッシュとブラックはあまり流れなかったようですね。

腐ってもNHKってところですか(笑)

最後の名曲ラッシュには痺れました。

部屋が隣なのに騒いでゴメンよ、弟よ。





今回の選曲はイギリスのバンド【Rainbow】で【Tarot Woman】です。


Tony Careyの素晴らしいキーボードで幕を開ける、Risingアルバム最初のハイライト曲です。

個人的に、Rising時代のRainbowは三頭でなく四頭です。

すなわち、リッチー&DIO&コージー&カレイ。

それゆえに、一曲通して物凄い緊張感が漂っています。


DIOの神々しい絶唱。

コージーの病み付きになるビート。

リッチーの素晴らしいソロ。

そしてカレイのシンフォニックな鍵盤。

まさに歴史的名盤の幕開けに相応しい曲でしょう。

特にDIOは、まさにこのアルバムが全盛期だと個人的に思っとりますので、

その歌唱が素晴らしくないわけが無いのです。

様式美全開の曲調にも彼のヴォーカルは非常にマッチしてるわけですね。


スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Rainbow | コメント:0 | トラックバック:1 |
<<【さようなら】iPod紛失【今までありがとう】(追記あり) | HOME | 深紫&貴族のライヴレポ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

始めましてこんにちわ。 ブログ始めますがまだ書くことは決まってません。 趣味日記的なものになると思います。 …
2009-05-08 Fri 11:16 こんちわブログ
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。