RIDE THE SKY

ゆるい大学生活と熱きヘヴィ・メタル魂を綴っていくブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Killer Guitars

貯金をはたいて新しいギターを購入しました。

Killer



KillerというメーカーのExploderという機種です。

尖がったシェイプとメタルな音に惚れ、衝動買いに近い形で入手。

変形ギターにありがちな、“音がショボい”“弾き難い”といった欠点も解消されていて良いです。
それどころか音が滅茶苦茶重厚で、かなり弾き易い。

このKillerというメーカーは、ESPがあの日本最高のギタリスト、高崎晃さん(LOUDNESS)のギターを製作するために立ち上げたもので、
デザインby高崎さん、製作byESP(上位機種はKiller)となってます。
まあ、実質ESPの傘下といってもいいですね。
そのくせ、ESPと同じくらい評判がいいという変なメーカーです。


先日LOUDNESSのライヴに参戦した際、高崎さんがこのKillerを使ってまして、
その時に一目惚れしてしまったわけです。



著名な使用者としては、以下の通り(敬称略)





ギター

高崎晃 (LOUDNESS、LAZY)
ルーク篁(CANTA、ex.聖飢魔II)
伊藤一朗 (Every Little Thing)
KOJI (ALvino、ex.La'cryma Christi)
華月 (Raphael)
shu (Cloud Nine)
雅-miyavi-
IMAJO (サイキックラバー)
新藤晴一 (ポルノグラフィティ)
ユアナ (ex.蜉蝣)


ベース

沢田泰司(Taiji)(現:D.T.R、Cloud Nine、ex:X、LOUDNESS、音風)
Toshiya (Dir en grey)
Ni~ya (ナイトメア)/王珍々(仙台貨物)
馬場育三(Dragon Ash)
YOSHIHIRO (D-SHADE)




少なくとも、一人は知っている人がいるかと思います。

ポルノのハルイチは、録音時にはほとんどKiller(Prime)を使用しているそうです。
だからポルノのギターはheavyだったんですね。

Raphaelの華月さんは、角のところがクルッと巻かれたようなオシャレKillerを使用していました。



とはいっても、やっぱり高崎晃さんでしょう!
なんたってKillerを興した張本人であり、日本随一のギタリストなんですから。
彼は、不肖俺が最も尊敬するギタリストの一人です。
ちなみにKillerという名前の由来は
高崎晃→晃→あきら→きらあ→Killerだそうです。
まあ、日本人の思考ですねw





今回の選曲は、【Loudness】で【Soldier Of Fortune】です。

ヴォーカルはアメリカ人のマイク・ヴェセーラ。
この人はインギーのセヴンス・サインにも参加していますね。
声質としては、非常に好みです。特にシャウト。
こういう声が出せればなぁ…… と思います。

このアルバムではヴォーカル交替もあってか、非常に一般ウケする作りになっていると思います。
まあ、前任者が二井原さんですしw(彼が嫌いってわけじゃないです)
彼が抜けたことによって、歌詞がダサくなくなりましたね。嬉しい副作用です。

というか、なんでしょうか、この素晴らしいギターソロは。
こんなもん弾けるか! とつい叫んでしまいます。
構成美、とでも言うのでしょうか。
LOUDNESS後期の彼には出しえない(出していないだけ?)、独特の味がありますね。

リフもカッコイイですね。
これぞ正統派メタル! って感じです。



♪Soooooooldierrrrr Of Fortuuuuuuuuune!!!!


スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Loudness | コメント:1 | トラックバック:0 |
| HOME | 誕生日>>

この記事のコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2012-07-13 Fri 14:16 | | #[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。