RIDE THE SKY

ゆるい大学生活と熱きヘヴィ・メタル魂を綴っていくブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Arch Enemy 3/8 ライヴレポート

3月8日の東京は新木場で行われたArch Enemyのライヴ。

試験中にもかかわらず暴れてきました。

てなわけで、今回もレポートを書きます。

まず第一の感想として、ライヴハウスでかい!! と思いました。

Nightwishのとき滅茶苦茶小さかったのもこう感じる要因の一つかもしれん。

で、前座のJob For a Cowboyは遅刻したためみれませんでした。

続くShadows Fallは全部見ました。CDを聴いたことがないんで感動はしませんでしたが

なかなかいいメタルコアバンドだと思いました。

               ステージ
    
               観客席①
       ________________

               観客席②

         ↑こんな感じになってるんですが、俺は柵の後ろの観客席②の二列目に。

で、待つこと約30分。遂に我らが英雄が登場します。

そして突如流れる空襲警報。Blood On Your Handsの始まりです。

何より印象的だったのが

リッメンヴぁーーーーーーーーーーーー!!

の大合唱。感動しました。同じことは去年のLOUD PARKでもやりましたがやはりいイイ。

そしてライヴなのに演奏の乱れがほとんどありませんでした。流石というべきか・・・

それから間髪いれずにRavenous。死ぬかとオモタ。

周囲の盛り上がりは異常なほどに。

もちろんRavenous!!のコーラスは健在。

あの特徴的なギターソロも同じく大合唱でした。

その後はTaking Back My Soul。

正直俺の中では印象の薄い曲でしたが、これにより良さを再確認。

イイ曲じゃないか。帰ったらもう一度聴いてみようと心に誓う。

次はDead Eyes See No Future。

これも前述と同様です。やっぱりイイ曲。

そしてきました。Dark Insanity。1stアルバムからの選曲です。

この曲は個人的にかなり好きなので、テンションが異常に上昇。

リフは歌いまくりでした。いやあ、やはり凄い。

それが終わると、アンジェラ(vo.)が『日本のアニメに強いインスパイアを受けた』と言います。

そうなるとアレしかない。そう、The Day You Died。

新譜からの選曲ですね。ミッドテンポな聴かせる曲です。

俺はもう体力がヤバかったので、盛り上がりは抑えて聴きに徹しました。

ここでクリストファー・アモット(gt.)のソロが入ります。

彼は速弾き主体のギタリストで、うほっ、いい男・・・カッコイイ人です。

個人的にはマイケル・アモット(クリスの兄・gt.)より好きです。

凄く・・・ 上手です・・・

やはり異常に上手いね。一度脱退したことがありますが、戻ってきてホントに良かった。

そして、ここで神曲登場。Silverwingです。

俺含め会場のテンションは最高潮に。観客席①ではキケンな程のモッシュが始まります。

ヘドバンしすぎて首が死にそうでした。

ヨハン(前vo.)期の曲は凄く好きな曲が数曲と、あまり好きでない曲に分かれますが、

この曲は間違いなく前者。メロディアスすぎます。

次はNight Falls Fast。ミッドテンポの曲です。

疲れたのでこの曲も聴きに徹しました。ギターソロは歌ってましたが。

そして、ダニエル・アーランドソン(ds.)のソロが入ります。

この人はメタル界ではトップクラスの腕前を持つドラマーで、俺の最も好きなドラマーです。

その人のソロ。最高でした。上手すぎだろ・・・

そこから繋げるのはBurning Angel。神曲の登場です。

4th収録曲です。またモッシュ組が危険なコトになってましたが・・・

俺もヘドバンして盛り上がりました。

そして、マイケル・アモット(gt.)のソロが入ります。

弟のソロに比べると幾分見劣りしますが、やはり上手いことは間違いない。

そこに弟も加わってIntermezzo Liberte(インスト曲)に繋げます。

そこからDead Bury Their Dead。4th収録の隠れた(?)名曲です。

この曲は中盤からかなり速くなる曲で、首が死にそうになりました。

そしてアンジェラが『次で最後』といい、Vulturesがプレイされます。

新譜最後の曲です。第一部の幕としてはふさわしい曲ですね。

ギターソロが素晴らしすぎます。カッコええ~・・・

で、一度彼らは退場しますが、すぐに戻ってきて神曲をプレイします。

それはEnemy Within。Arch Enemy中最高の曲の一つです。

Dark Thought!! Rise Up!!から大合唱。

モッシュ組はまたも危険な状態に。

あそこには入りたくないと思いつつ、ヘドバンして盛り上がります。

もはやテンションは最高潮。

そこにSnow Bound(インスト曲)からShadows And Dustに繋げます。

盛り上がりたいところでしたが、体力を考えて軽くヘドバンするまでにしておきました。

そろそろアノ曲が来ると思ったからです。と思ったらやはりきました。

アンジェラ『One For All... All For One... We are One...』

全員『Nemesis!!』

Arch Enemy中最も好きな曲です。

最後の体力を振り絞り、暴れまくりました。

喉が死ぬほどに大合唱。首が死ぬほどヘドバン。

正直、意識が飛ぶかとオモタ...

異常な盛り上がりの後、彼らは最後といいつつWe Will Riseを繰り出します。

正直、あまり好きな曲ではなかったので聴きに回りました。

そうなるとやはり、前述と同じくイイ曲だなあと再確認。

そこからさりげなくFields of Desolationに繋げます。

1st収録です。ギターソロがヤヴァイ曲なんですが、それを生で聴けて感動。

大興奮のライヴは、こうして締めくくられました。

感想:神は存在した。

ところで、メタルのライヴは女の人少ないんですが、今回は異常に多かったです。

この人達が厄介なようで、俺は被害を受けませんでしたが、

最前列の方の人達は大変だったようです。

肘が当たれば殴られたりで・・・ だったら前行くなと。

LOUD PARKでArch Enemyを見たとき俺は最前列近くにいたんですが、

この時は被害を受けました。やれどこが当たっただのでヒップアタックをかまされ・・・

まあコレくらいは茶飯事のようで、爪で抉られて出血したりした人もいるようです。

そういうスイーツ(笑)はライヴに向いてないんじゃないかな?

せっかくこんなに素晴らしいショーを提供してくれているんだから楽しもうよ、

と思ってしまいます…


スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

ライヴレポート | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<期末試験オワタ\(^o^)/ | HOME | 【祝福】今日はArch Enemyのライヴ【五冠王】>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。