RIDE THE SKY

ゆるい大学生活と熱きヘヴィ・メタル魂を綴っていくブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

怖い世の中になったものだ

先日ウチの学校の生徒が恐喝に遭ったそうです。

しかも遭遇したのが予備校の帰り道とのこと。

俺も同じ境遇なので他人事とは思えない……

気をつけろ、っていっても対策の仕様がないですよね。

せいぜい暗い道歩かない、とかでしょうが

予備校から駅までは一本道だからどうしようもない。明るい通りだけどね。

囲まれて『おィ兄ちゃんよォ、金貸してくんねェ?』とか言われるんでしょうか。

ここで勇んで『FU○K OFF!! YOU’RE F○CK’IN SHI○!!』

(↑汚い言葉遣いですいません)

とか叫んで応戦できればいいんでしょうけど、そんなの無理に決まってるじゃないかorz

俺は善良(?)な小心者の一般市民だもんよ。ほとんど皆そうだろ?

怖い世の中になったものです。



ドイツのヘヴィ・メタル・バンド【Blind Guardian】で【Time What Is Time】です。

静かなアコースティック・ギターによるイントロから始まります。

そして突然テンポが変わり爆走。

ハンズィによる漢臭い超絶ヴォーカルパフォーマンスを堪能できます。

この曲の(というかブラガの)いいところは疾走一辺倒ではないところ。

静と動を程よく使い分けています。

最近のブラガは変に凝りすぎて若者の俺にはちとキツいんで、

この頃のブラガが一番好きです。(具体的には3rd~6th)

ブラガはメロスピというよりパワー・メタルです。

しかしこれでもかとばかりにメロディアス。

この曲も例外ではなく、一度聴いたら忘れられないキャッチーさと

聴くもの全てを蹴散らすパワーを秘めています。

正直、万人ウケするタイプではありません。

でも俺含め、好き者にはたまらない。


たーいむふぁりずたーいむ!!


時、時とは何ぞや? 哲学的だなぁ。

去年LOUD PARKに行った時、俺は2日目に参戦したので彼らを勇姿を見れなかった。

残念でなりません。次来日したら(受験後であれば)絶対ライヴに行きたいと思います。

(補足:ブラガは類稀なる神ライヴパフォーマンスを披露すること、コーラスをほとんどファンに

任せるため、ファンは念入りに予習をしなければならないことで有名)


スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Blind Guardian | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<パソコンのキーボードはトイレより汚い? | HOME | 初期Helloween→Gamma Ray,初期Helloween≠現Helloween論>>

この記事のコメント

ブラガのこの曲大好きです。
TOKYO TALES収録版は中々熱くてオススメですよ。

しかし恐喝ですかー・・・怖いですね。
予備校帰りって結局22時過ぎになっちゃいますからね。
気をつけてくださいなww
2008-05-27 Tue 04:07 | URL | ケケ #-[ 編集]
>>ケケ氏

実はTOKYO TALESまだ聴いてないんですよ。
この機会に聴いてみようかな。
2008-05-27 Tue 23:20 | URL | neoバルサミコ酢 #XWKLXvzo[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。