RIDE THE SKY

ゆるい大学生活と熱きヘヴィ・メタル魂を綴っていくブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ナルニア国物語

休日にナルニア国物語を見てきました。

いやぁ、圧巻でしたね。

何より戦闘シーンが凄い。あれはロード・オブ・ザ・リング並といっていいでしょう。

ストーリーにも若干の変更が加えられていて面白かったです。

ナルニア国物語は小学生時代の愛読書でして、

当時は覚えるくらい読みました。シリーズ通して三回位読んだかな?

もっとも、今はあまり覚えていませんがww さすがにもう六年くらい前だし。

ところで、ナルニアにしてもローリンにしても、ジャンルは『ファンタジー』です。

このファンタジーってのがクセモノで、大人からすれば『ダサい』『ガキっぽい』、

子供からすれば『グロい』『バイオレンス』といった目で見られているようです。

要するに、適する年代層が無いってことですね。

あの戦闘シーンは非常に高クオリティでしたが、平気で首はねたりするのは

子供にとってはいかがなものかと。ちょいと刺激が強すぎるんじゃないかな? かな?

よって、ファンタジーはあまりおおっぴらにいえない趣向なのかもしれません。

そういいつつも、俺自身はファンタジー物は大好物だと主張しておきます。



ところで、今週はテストが返される週です。今回のテストは殊更出来が悪く、鬱週間です。




ドイツのヘヴィ・メタル・バンド【Blind Guardian】で【Battlefield】です。

記事にひっかけてファンタジー繋がりでブラガを選曲。

時期としては後期に分類されますが、正直後期ブラガにはなじめません。

しかしこの曲は例外。最高のクオリティを持つ超名曲だと確信しています。

たしかにツー・バスがドコドコ唸るストレートなメタルではないですが、

練りに練られたとても複雑な曲で、もはやメタルと呼んでいいのか疑問です。

きっとこれがブラガの最終到達地点なのでしょう。今後はこの路線を崩さない筈です。

さてこの曲ですが、サビがありません。

というのは、繰り返しがないんですよ。

言い換えれば、同じフレーズは二度登場しない、ということです。

しかし印象的なフレーズが一曲に満遍なく振り分けられており、

特に4分あたりのパートは最高。きっと一度聴いただけで忘れられないはず。

ちなみにこのBattlefield、Wikipediaによれば東京ヤクルトスワローズの

五十嵐選手が入場曲として使用していたことがあるようです。

いいねぇ。きっと勇気に満たされてバッター・ボックスに立ったことでしょう。

だってこんなに勇壮な曲ですよ。鼓舞されないほうがおかしい。

観客のテンションは平行線かもしれませんが。メタルというジャンル的に有名からは程遠いし。

あの入場曲って選手が選んでるんでしょうかね?

俺が選べるとしたら、何にするかな。

ラプソのエメソもいいし、Helloweenのライザッスカイ!もいい。

ガンマのマンオンナミッションも捨てがたいし、メイデンの撃墜王も最高に鼓舞されそう。

・・・などと妄想しつつ、テスト返却鬱週間という現実から少しでも逃避したいのです。


スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Blind Guardian | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<発掘あるあるバトン | HOME | 試験と心労と大失敗と>>

この記事のコメント

そのブラガのアルバムに収録されてる"And Then There Was Silence"は圧巻ですよ。14分の大作です。
とか言ってる自分も4~5thのブラガが一番スキです。
ああいうストレートな作風で新作作ってくれないかなww

あとLOUD PARK08のアーティスト発表されてましたよ。
こっちも楽しみです。お金かかるけど・・・^_^;
2008-06-12 Thu 09:24 | URL | ケケ #-[ 編集]
>>ケケ氏

LOUD PARK08凄く行きたいです。
スリッペ&カーカス&ソナタ&ドラフォは絶対見たい……
しかし受験に支障が出るのでまだ迷っています。
出演アーティスト次第では行かないかも。

2008-06-12 Thu 22:52 | URL | neoバルサミコ酢 #XWKLXvzo[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。