RIDE THE SKY

ゆるい大学生活と熱きヘヴィ・メタル魂を綴っていくブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

好きなミュージシャン・ベスト10 Ds.部門

世間的な評価によらず、独断と偏見に基づき各部門で好きなミュージシャンを挙げていきます。
本日はDs.部門です。次回はB.部門を予定しています。
ランキング期間中は曲のレビューはお休みです。

(敬称は略させていただきます)


ドラマー部門

1位:ダニエル・アーランドソン(Arch Enemy)
別名人間メトロノーム。スタジオ演奏は当然のこと、ライヴでも正確無比のドラミングを得意とする。
そのドラミングは非常にパワフルで、聴く者全てを圧倒するであろう。
ブラスト・ビートも得意なようだが、サウンドの都合上あまり使用しない。
マルチプレイヤーであり、ドラムだけでなくギターに関してもなかなかの腕前とのこと。

2位:ヨルグ・マイケル(Stratovarius)
職人ドラムとしての呼び声も高い、メロスピ系統のテクニカル・ドラマー。
ストラトの曲は割りとストレートだが、プログレを思わせる複雑なドラミングを披露する。
もちろん、疾走曲では鬼のツー・バス連打を堪能することができる。

3位:トーマス・”トーメン”・スタッシュ(ex.Blind Guardian)
脱退前は、彼によってブラガのサウンドが構築されていたといっても過言ではない程の実力者。
テクニックも相当なものだが、非常に印象的なフィルを繰り出す。
ギター・リフがリッチー・ブラックモアならば、ドラムのそれは彼といえるかもしれない。

4位:マイク・ポートノイ(Dream Theater)
単純にテクニックのみに限れば、彼の右に出る者はおそらくほとんどいないであろう。
プログレ・メタルのお手本のような激ムズのプレイをライヴでも平然とやりきる様はまさに圧巻。
彼らの曲をコピーをしようとしても、このドラムで挫折するキッズも多いとのこと。

5位:ヘルハマー(Mayhem)
世界最速ドラマーとの呼び声も高い。その鬼のツー・バス連打はもはや機械。
スポーツの域に達しているといってもよいその激速ブラスト・ビートはブラック・メタルの教科書。
ライヴ映像を見ても、彼の腕の動きを眼でとらえることは難しい。

6位:ニコ・マクブレイン(Iron Maiden)
ワン・バス使用にもかかわらず、プレイに関してはツー・バスに劣らない。
非常に特徴的なドラミングをし、中期以降のメイデンを決定付けている。
色々とこだわりがあるようで、それが彼のトリッキーなドラミングの原因となっているようだ。

7位:コージー・パウエル(R.I.P.)
通称渡り鳥。ジェフ・ベック・グループやレインボー、ブライアン・メイ・バンドなどに所属していた。
ツー・バスをノーミュートで叩ける数少ないドラマーのようで、
非常にパワフルなドラミングから死後十年経てども依然として根強いファンを持つ。
1998年、自動車事故で他界。ご冥福をお祈りいたします。

8位:インゴ・シュヴィヒテンバーグ(ex.Helloween/R.I.P.)
元祖メロスピドラマーで、メロスピ=裏打ちの公式を打ち立てた。
現在では似たようなドラマーが氾濫しているが、彼を崇拝するファンは多い。
余談だが、『Helloween』という名前を考案したのは彼である。
1995年、電車に飛び込み自殺。ご冥福をお祈りいたします。

9位:スコット・トラヴァス(Judas Priest)
Painkillerより参加。元Racer Xのドラマーである。
Painkillerのイントロの雷鳴のようなドラム・ソロはあまりにも有名。
そのパワフルなドラミングにより、JPのサウンドを一変させた。

10位:ラーズ・ウルリッヒ(Metallica)
メタリカのリーダーであり、初期はスラッシュ・メタル・ドラマーとして超高速ドラムを叩いていた。
Batteryにおける名演は誰もが聴き、感嘆したであろう。
複雑なビートも得意としている。5作目のブラック・アルバムから速さが減退したことが残念。


以上です。
ドラマーはジャンルのみならずプレイヤーごとにプレイ・スタイルが異なるから面白い。
テクニカルかつパワフルなドラミングが個人的な理想です。
ツー・バス連打が大好きですが、ニコのようなワンバス・テクニカル系も捨てがたい。
もちろん、速ければいいというものではありません。
聴いていて、爽快かつ面白い。これが重要なのです。

みなさんのベスト・ドラマーを教えてください。

スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

ミュージシャン・ベスト10 | コメント:5 | トラックバック:0 |
<<HATE CREW共、参戦の用意は十分か!? | HOME | 好きなミュージシャン・ベスト10 Gt.部門>>

この記事のコメント

チャイコフスキーの曲1812をバックにドラムを叩く、コージー・パウエルです。
2008-07-03 Thu 00:27 | URL | むささび太郎 #-[ 編集]
SLAYERのデイブ、IRON MAIDENのニコ、CRYPTOPSYのフロが好きです。
あとイロモノっぽいですがXのYOSHIKIも外せないです。
プレイより彼の作曲の方が好きなんですがねw
2008-07-03 Thu 12:17 | URL | ケケ #-[ 編集]
>>むささび太郎氏

????

>>ケケ氏

同感ですね。
YOSHIKIはそこまで上手いと思わないんですが、
作曲センスは非常に高く評価できると思います。
ドラムの座を他の人に譲ってKey.に転向すればいいのに……
(Xファンの人、申し訳ございません。華麗にスルーでよろしくです)
2008-07-03 Thu 22:54 | URL | neoバルサミコ酢 #XWKLXvzo[ 編集]
コージーパウエルのドラムソロの事です。
後半からバックに流れるクラシック音楽(チャイコフスキーの序曲「1812」)に合わせて、ドラムを叩いています。

http://jp.youtube.com/watch?v=jyN8XnFEMVM
去年、僕はこれを観るためだけにRainbowのDVD買いました(笑)
2008-07-05 Sat 13:58 | URL | むささび太郎 #-[ 編集]
これは……

凄すぎる……

Beyond my description.
2008-07-05 Sat 23:31 | URL | neoバルサミコ酢 #XWKLXvzo[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。