RIDE THE SKY

ゆるい大学生活と熱きヘヴィ・メタル魂を綴っていくブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

多忙な夏休み

超多忙な夏休みを過ごしております。

普段どおりに起床し、予備校へ行き、夜9時まで勉強して帰宅、

晩御飯を食べたら風呂に入ってベッドに直行。

そんなこんなで、ブログの更新もマトモにできません。

近いうちに休止宣言(受験終了まで)をすると思います。

ああ、眠い。疲れた。

今日も一日中模試で死にました。

せめて日曜日くらいゆっくりさせてくださいよ受験さん。



イギリスのヘヴィ・メタル・バンド【Rainbow】で【Kill The King】です。

永遠の名曲という言葉は、この曲のためにあるのです。

まず、イントロからリッチー・ブラックモア様による超強烈なリフが炸裂。

これを聴いて鳥肌が立たない人はいないと確信しています。

もしいるならば本当に損をしていると思います。

このリフは基本アルペジオから成り立っているのですが、ここまで攻撃的かつ

流麗で美しく、全ての人を魅了するアルペジオは未だかつて聴いたことがありません。

もはや別世界にいってしまったような、そんな別格の素晴らしさがここには存在するのです。

だが、これは壮絶なる神曲のほんの序曲にすぎません。

イントロから、Dio様の天使の歌声が響いてくるのです。

『Danger,Danger』と、この曲がいかに危険であるかをDio様は警告しています。

この曲を聴いたら他の凡曲なんか聴く気がおきなくなるよ、引き返すらなら今だよ、と。

そして、もう一人、この時期のRainbowの中核を担うお方が存在します。

そう、ドラムのコージー・パウエル様です。

聴いてくださいよ、この強烈なドラミングを。

彼のドラムは本当にタメがきいていて、ここってところで必要なだけ音をくれます。

最高。ただそうとしか言うことができません。

彼はドラムを深く愛し、またドラムに深く愛された人なのでしょう。

曲が進むにつれ、Dio様は『Power,Power...』と叫びますが、それはこの曲自体を表すと思います。

たしかに、デスやブラックやスラッシュのような暴力的パワーはここにはありません。

しかし、古き良き時代を思わせる、本当の『力』があります。

曲調も、リッチーお得意の中世様式美系メタルですので、こう表現するのが適切でしょう。

古代の力、と。(18歳のガキから見れば古代ではないにしても、古いことには変わりない)

よくゲームとかでも『古代魔法』とかは恐ろしいほどの力を持っていたりしますよね。

そんな感じです。(厨二病全開の言葉で申し訳ないです)

さあ、ここで我々はイントロのあのアルペジオまで帰ってこなければなりません。

嵐の前の静けさ、とでもいいましょうか。

あれほどのインパクトを持ったリフなのに、ここではそのような雰囲気が漂います。

そして、ソロに突入。

これを始めて聴いた時、俺は涙を流し、ベッドの上でのた打ち回ったことを覚えています。

なんだ、この神は。ああ、これが神なのか、と。三頭時代Rainbowに忠誠を誓った瞬間でした。

まず、コージー・パウエル様の恐るべきドラミング。

ダカダカダカダカダカダカダカダカ…… という連打から始まり、

ダッダカダカダッ ダカダカダカダッ…… とだんだん複雑になっていきます。

このドラムを聴いて何も思わない人はHR/HM本当に好きなの? って思ってしまうほど。

どうしてこんなに偉大なドラマーがお亡くなりになってしまったんでしょうか。

フレディ様といいこの人といい…… ご冥福をお祈りします。

きっと彼は、今も天国でドラムを叩いているに違いありません。

そして、沢山の人を悶絶させているのでしょう。死んだら是非生で聴かせてくださいコージー様。

彼の凄い所は、超高速系の狂乱ドラマーとは一線を画し、ひたすら『ドラム・リフ』で攻め、

リスナーの耳を一瞬で惹きつけてしまう所だと思います。

つい先日、このブログで企画したベスト・ドラマー10ではダニエル氏をトップとしました。

そして、コージー様を7位としてしまうという愚挙を犯してしまったのです。

あの時俺は頭がおかしかったに違いない。疲れていたに違いない。

冷静に考えれば、間違いなく彼がトップのはずなのに。

ちなみに、ミュンヘンでのライヴが収められているDVDで彼がソロを披露するのですが、

これはもはや神の奇跡としかいいようがありません。それ以外に言い表せないのです。

お金が貯まったらこのDVDを買い、何度も見て彼にひれ伏したいと思います。

(このシーンを紹介して下さったむささび太郎氏、本当にありがとうございます!

危うく一生の損をするところでした……)

さて、凄いのはコージーだけではありません。

言わずもがな、様式美系ギタリストの代名詞・リッチー・ブラックモアです。

この高速のプレイを聴いて下さい。誰がこんなことを真似できますか。(反語)

カイ・ハンセン様やブライアン・メイ様はもちろん大変素晴らしいギターの神ですが、

彼はまた一味違っていると思います。

彼のプレイの持ち味は、インギー(よりも数倍凄いと思いますが)のようなクラシカルな雰囲気。

それもインギーのようにあからさまなクラシックではなく、

あくまで彼の魅力を生かす程度に留めた自然な感じがミソ。

超絶な速弾きですが、狂った要素などどこにもなく、むしろインテリ的オーラを纏っています。

これはもはや奇跡でしょう。よくもまあこんなに素晴らしいソロをぽんぽん考えるものです。

そして、三度あのアルペジオに戻った後、惜しくもソロは終わってしまいます。

しかし、心配無用。Dio様が1オクターブ上げの超絶歌唱を披露してくれますから。

あの感動のソロからこんな展開に持ち込まれたら、我々リスナーはもはやひれ伏すしかありません。

最後に『Oh,Kill!! Oh,Kill!!』と叫び、曲は終了します。

4分半と短い曲ということもあり、あっという間に終わってしまう曲です。


全てのスピード・メタルの元祖との意見が多いですが、まさにその通りだと思います。

この曲がなければ、今のスピード・メタルはなかったのです。

とにかく、聴いてない人がいたら直ちに聴いて下さい。

悶絶することはまず間違いないですから、心の準備はしておいたほうがいいです。

俺の二の舞を踏まないよう気をつけてくださいww


Over The Rainbow...


スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Rainbow | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<受験のためブログ休止宣言 | HOME | ついに始まった夏休みというデス・マーチ>>

この記事のコメント

受験勉強がんばってください!

そして、最後に勝利を収められることを、祈っております。
2008-07-30 Wed 20:25 | URL | むささび太郎 #-[ 編集]
実家=INN(宿屋)
みたいな感じですよねww

頑張ってください~、応援してます
2008-07-30 Wed 22:27 | URL | ケケ #-[ 編集]
受験勉強頑張ってください!!

体調に気をつけてできるだけ無理をしてください
受験は無理なしには乗り越えられないと思います。
でも無理しすぎないようにしてください(どっちだよww)

夏の暑さも気合で乗り切りましょう!!
2008-08-03 Sun 15:48 | URL | めんぼう #LkZag.iM[ 編集]
みなさんありがとうございます!

悔いを残さないように精一杯頑張ります。
2008-08-17 Sun 22:43 | URL | neoバルサミコ酢 #XWKLXvzo[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。